サンピエール・ド・モンマルトル教会

マーカーはサンピエール・ド・モンマルトル教会です。

サンピエール・ド・モンマルトル教会(Saint Pierre de Montmartre)
[モンマルトルは長い間、パリから独立した村だった。モンマルトルの名は、Mont des Martyrs(殉教者の丘)が由来です。
紀元272年頃、ドルイドの聖地であったと考えられている「モンス・メルクリウス(Mons Mercurius)=メルクリウスの丘」の付近で、後にフランス守護聖人となったパリ最初のキリスト教司教聖ディオニュシウス(サン・ドニ、Denis)と2人の司祭ラスティークとエルテールの3人が首をはねられて殉教したと伝えられている。ヤコブス・デ・ウォラギネの「黄金伝説」によれば、首をはねられたサン・ドニは、自らの首を抱えながら北の方に数キロメートル歩き、息絶えたという。その場所がサン=ドニサン=ドニ大聖堂になったとされる。以来、その丘はモンス・マルテュルム(Mons Martyrum)=殉教者の丘と呼ばれるようになった。
モンマルトルのサンピエール・ド・モンマルトル教会(フランス語:ÉgliseSaint-Pierre de Montmartre)は、パリで最も古い現存する教会の1つですが、モンマルトルの他の主要な教会サクレ・クール寺院ほど知られていない教会です。1147年に建てられたサンピエール・ド・モンマルトル教会は、有名なモンマルトル修道院の教会でした。
聖イグナチオ・ロヨラの初期の伝記によれば、モンマルトル修道院の教会は、イエズス会の設立につながった誓いが行われた場所でした。
伝説によると、3世紀に殉教者サン・ドニによって設立されました。初期の教会は、9世紀にサン=ドニ大聖堂に向かう巡礼者が立ち寄ったもので、1096年にコミューンムランに属していました。
フランス王ルイ6世(在位:1108年 – 1137年)は1133年にモンマルトル修道院を設立するために購入し、メロヴィング朝の教会が再建されました。1147年に教皇エウゲニウス3世(在位:1145年 – 1153年)によって、クレアヴォーのベルナール(Bernard of Clairvaux)とクリュニー修道院長ピーター(Peter the Venerable)が助手として行動した壮麗な王室の儀式で再確認されました。
1794年、教会の後陣は腕木通信塔の建設により破壊されました。その結果、教会の東部は、1803年のフランス革命後に再開されたときに礼拝に戻されませんでした。それは嘆かわしい状態であり、1838年から1845年と1874年の修復工事は、その破滅を防ぐにはあまりにも限られていました。1896年の治安上の理由で教会が閉鎖されたのは最終的なようでしたが、そして、それを救うという決定は土壇場で行われました。修復は1900年から1905年の間にルイ・ソバージョ(Louis Sauvageot)の指揮の下で行われ、サンピエール教会は現在の姿になりました。今日、教会には、とりわけ身廊で使用されているローマ起源の柱に気付く傾向のある多くの観光客が訪れます。
サクレクール寺院の大聖堂のドームから見たサンピエールドモンマルトル・wikipedia-photo、19世紀に復元されたサンピエールドモンマルトルの内部・wikipedia-photo、「アントワーヌ=ルイGoblain作、19世紀サンピエール・ド・モンマルトル教会の水彩画」・wikipedia-photo]

Paroisse Saint-Pierre de Montmartre – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサンピエール・ド・モンマルトル教会です。

カメラ東南東方向がサンピエール・ド・モンマルトル教会です。

サンピエール・ド・モンマルトル教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*