アントワーヌ・ポンセ広場

マーカーはアントワーヌ・ポンセ広場です。

アントワーヌ・ポンセ広場(Place Antonin-Poncet)
[アントワーヌ・ポンセ広場は、1622年に建てられ1934年まであったチャリティー病院跡に1935~1938年に建築家ミッシェル・ルー=スピッツの監督の下で設計され、1938年に建設された。公園名はオテル・デュー(神の宿、fr:Hôtel-Dieu・オテル・デュー中世から20世紀の今日まで、貧しい病人達を多く受け入れ尼僧たちが世話をしたという慈善事業の療養院です。)で働いていた、リヨン出身の医師ドヴォルザークポンセ(1913~1849年)に因んで付けられた。広場にはチャリティー病院にJ.アブラハムによって1665~1666年に建てられた鐘楼が唯一の記念碑として残されている。現在の広場は1990年に造園師ミシェルボーンによって設計されました。
「ローヌ川側から見た場所アントワーヌ・ポンセ広場、背面には大聖堂ノートルダムフルヴィエール」・wikipedia-photoベルクール広場の観覧車から見た鐘楼・wikipedia-photo、「ベルクール広場から見た鐘楼。これは、元の病院の唯一の残りの部分です。」・wikipedia-photo]

Fountain on Antonin Poncet Place – Google Map 画像リンク」「Clocher de la Charité – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がアントワーヌ・ポンセ広場です。

カメラ北西方向がJ.アブラハム建設の鐘楼です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*