セント・ポール教会

マーカーはセント・ポール教会です。

セント・ポール教会
[サンポール教会はリヨンで最も古い教会の1つです。 サンポール地区のリヨン旧市街にあるロマネスク様式ゴシック様式の建物です。ランタンタワーは1920年から歴史的建造物としてリストされており、教会全体は1996年から歴史的建造物としてリストされています。
セント・ポール教会の起源は古く、レイドラード(Leidrade)の司教がシャルルマーニュ(Charlemagne)に送った9世紀文書に記録されています。この期間の痕跡は残っていません。 現在見られるロマネスク様式の部分の建設は、12世紀の後半に始まり、13世紀に完全に完了します。 セント・ポール教会のポータル、ランタンタワー、モディリオン(エンタブラチュア – 軒蛇腹下の飾り持ち送り)やメトープ(エンタブラチュア – トリグリフとは垂直方向に取り付けられた飾り板状の部分で、トリグリフとトリグリフの間の部分はメトープと呼ばれる。)などのロマネスク様式の彫刻は、この時代の特徴です。14世紀と16世紀には、記念碑はゴシック様式の要素(ベルタワー、サイドチャペルの再建など)の追加によって修正されました。17世紀には、ドーリア式ポータルが高くなります。
18世紀には、建築家のデクレニス(Decrénice)がメインアプスの拡大を担当しました。
19世紀、フランス革命とメンテナンス不足による損害の後、1840年代にクロード・アンテルム・ブノワ(Claude-Anthelme Benoît)と彼の息子と孫によって重要な修復作業が行われました。1817年に破壊された石の矢は、1875年に新しい木製のものに置き換えられました。19世紀の修復の最終段階は、1898年から1904年までさかのぼります。教会の内部を修復し、18世紀以来教会を覆っていた石膏を取り除きます。この時点で、1830年にジャン=フランソワ・ルジャンドル=ヘラル(Jean-François Legendre-Héral)によって彫られた4人の伝道者の像が消えました。建物全体の最後の復元は、2002年にさかのぼります。
教会の後陣キューポラの眺め・wikipedia-photo、セント・ポール教会のランタンタワー・wikipedia-photo、セントポールとセントローレンス18世紀の絵・wikipedia-photo、セントポール教会19世紀の絵・wikipedia-photo、ダマスカスへの道の聖パウロの回心を表す新ゴシック様式のティンパヌムwikipedia-photo]

Église Saint-Paul – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がセント・ポール教会です。

セント・ポール教会身廊のカメラです。

セント・ポール教会祭壇のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*