ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)

マーカーはノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)です。

ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール・Basilique Notre-Dame de Fourvière)
[フルヴィエールのノートルダム大聖堂、あるいはフルヴィエール大聖堂( Basilique Notre-Dame de Fourviere )は、フランスリヨンのフルヴィエールの丘にあるバシリカ教会堂。献金により、1872年から1896年にかけて、街を見下ろす位置に建てられた。パリサクレ・クール寺院同様、1870年のリヨン・コミューンにおける、社会主義勢力に対するキリスト教勢力の勝利の象徴となっている。 ピエール・ボッサン Pierre Bossan による設計は、ロマネスク建築ビザンチン建築、2つの建築様式の特徴を備え、当時としてはまれなことにゴシック建築様式は採用されなかった。フルヴィエールのノートルダム大聖堂は、1998年、リヨン歴史地区の一部として、UNESCOの世界遺産に登録された。
バシリカファサードwikipedia-photoアプスの東端と鐘楼wikipedia-photo、夜のバシリカ・wikipedia-photo  (wikipedia・ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)より)]

フルヴィエールの丘
[市中のほとんどの場所から見ることが出来るフルヴィエールの丘。頂上にはノートルダム大聖堂(各地にあるノートルダム聖堂・寺院と区別するため、「ノートルダム・ド・フルヴィエール」と呼ばれる)が聳え立ち、近くにはフランス国内最大級の古代ローマ劇場遺跡がある。
●フルヴィエール大聖堂
フルヴィエール大聖堂 (Basilique de Fourvière) はフルヴィエールの丘の上に建ち、市内のどこからでも見ることができるリヨンの象徴的建物。1872年から1896年にかけて建設されたバシリカ式教会堂である。
フルヴィエールの丘・wikipedia-photo、フルヴィエール大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・リヨン歴史地区より)]

ノートルダム大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)です。

ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)身廊のカメラです。

ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)祭壇前のカメラです。

ノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)博物館のストリートビューです。

光の祭典
[毎年12月8日には、「光の祭典」 (Fête des Lumières) が行われる。これは、ペストアルプス山脈以北の欧州で1348年から1353年に流行した際、リヨンのひとびとがフルヴィエールの丘にあるノートルダム聖堂のマリア像に祈りを捧げたところ、流行が治まったことに由来するという。この日の夜はリヨン市内の家々の窓際(感謝の捧げ物としてのロウソクなので、本来はフルヴィエールの丘に面した窓のみ。現在はそれにこだわらない)はろうそくの灯りで彩られ、建物や道路はイルミネーションで飾られる(時間を決めて、各家庭と街の不急の照明を消灯する。ライトアップされたノートルダム聖堂と、窓々のロウソクの明かりが幻想的である)。  (wikipedia・リヨンより)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*