バセレル・デュ・バレ・ド・ジュスティス

マーカーはバセレル・デュ・バレ・ド・ジュスティスです。

バセレル・デュ・バレ・ド・ジュスティス(Passerelle du Palais-de-Justice)
[バセレル・デュ・バレ・ド・ジュスティスは、フランスリヨン市のソーヌ川に架かる歩道橋です。
最初の橋はこのサイトで1638年に10のアーチで構成され、築造されたようです。 極度の老朽化により1778年に破壊されました。1780年に12隻のボートのチェーンで構成された浮き橋に置き換えられました。そのうち2隻分は可動式でした。一般に「ポン・ヴォラン(フライングブリッジ・Pont Volant)」と呼ばれ、「ポン・ド・ボワ(Pont de Bois)」または「ポン・デ・セレスティン(Pont des Célestins)」とも呼ばれていました。この浮き橋は、1789年1月18日の氷の融解によって部分的に運び去られ、その後1795年の冬に完全に失われます。
1797年にギヨーム・ニオグレ(Guillaume Niogret)の主導で建てられた木製の橋に置き換えられました。この橋は「ポン・ヴォラン(Pont volant)」の名前を保持していますが、「ポン・ヌフ(Pont Neuf)」とも呼ばれました。1820年の花火の放射性降下物、そして1824年の洪水により被害を受けました。最終的に1833年に破壊され、1833年から1834年にセガン(Séguin)によって建設された橋がリヨン裁判所(Palais de justice historique de Lyon)前に「裁判所へのゲートウェイ(Passerelle du Palais de Justice)」が建設されました。 円弧90 mの中央アーチは、1840年の洪水により破壊されました。1844年に再構築されたこの橋は、約20 mの2つのアーチによって中継される47.70 mの中央アーチを支えるために土手近くに固定された2つの杭で構成されています。新しい橋の幅は4 m、2つの歩道の幅は1 mです。 中央のアーチは1944年9月にナチス・ドイツ軍によって破壊されました。橋は1945年1月に再開されました。
1968年、航海局は「チェンジ・ブリッジ(Pont du Change)」と「裁判所へのゲートウェイ(Passerelle du Palais de Justice)」を破壊し、「マーシャル・ジューン・ブリッジ(Pont Maréchal Juin)」に置き換えました。この橋建設は地元住民特に歩行者にとって不評で、住民運動にまで発展しました。1978年、300人以上の人々が橋の前に集まりました。1981-82年にギルバート・ランボリー(Gilbert Lamboley)のプロジェクトが発表され、 1983年に、新しい橋は長い年月を経て完成しました。幅4 m、その136 mのスパンは、川の左岸に固定され、赤く塗られた単一の逆Y字型マストに据え付けられたワイヤーによって吊り下げられています。
「リヨン裁判所の玄関口・ユニークな片持ち型斜張橋」・wikipedia-photo、ケーブル固定端・wikipedia-photo]

Passerelle du Palais de Justice – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がバセレル・デュ・バレ・ド・ジュスティス(歩道橋)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*