リヨン・ペラーシュ駅

マーカーはリヨン・ペラーシュ駅北口です。

リヨン・ペラーシュ駅
[リヨン・ペラーシュ駅(Gare de Lyon-Perrache)は、フランスリヨン中心部にある主要鉄道駅である。1855年にCF du PLMのアレクシス・サンドリエルによって建てられた。駅舎は古典的な様式で2つの屋根と旅客用建物で構成されている。1970年代、自動車道路やインターチェンジによって景観が失われた。多くの近代的な建物で周辺が色あせたが、駅そのもは昔からの特徴を残した。プラットホームは2つの鉄骨の屋根で覆われている。当駅はパリからのTGV南東線系統のターミナル駅にもなっている。また、メトロ_(リヨン)A線や2つのトラムのターミナル駅でもある。年間利用客数は600万人である。しかしながら、今日ではリヨンにおける重要な駅としての役割は変化してきた。1970年代にリヨン・パールデュー駅に開業によってビジネス地区が中心部の外に計画されるとパリやそれ以北に向かう高速列車のターミナル駅としてパールデュー駅の重要性が高まってきた。
駅外観・wikipedia-photo  (wikipedia・リヨン・ペラーシュ駅より)]

[フランス国鉄のTGV(Train à Grande Vitesse:テ・ジェ・ヴェ)が、最初に開通した街の一つであり、1981年にパリ(パリ・リヨン駅)とリヨンとを結び開業した。TGVはリヨン市内ではペラーシュ駅、パールデュー駅 (Part-Dieu) の2つの駅に停車する。  (wikipedia・リヨンより)]

[リヨン・ペラーシュ駅(Gare de Lyon-Perrache)はリヨン市街地にあります。リヨン・パールデュー駅とともに、リヨン・ペラージュ駅は、この町の主要駅です。
リヨン・ペラーシュ駅はパリ~マルセイユ路線リヨン~ジュネーブ路線のターミナル駅となっています。在来線TERは同駅と域内の多くの町と路線を結びます。また、リヨン・ペラーシュ駅ではメトロA、B、C、そしてD線に乗り換えることができます。リヨンのトラムT1、T2、T3、T4線もご利用いただけます。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: メトロA、B、C、D線がリヨン・ペラーシュ駅と接続しています。
バス:駅の外にバス停留所があり、バス路線8、31、32、46、49、49D、55、63、73、91番に乗り継げます。
タクシー: 駅の外にあるドゥ・ラ・ヴィレット通り(rue de la Villett)やBeraudier広場でタクシーに乗ることができます。
空港:シャトルバス(SATOBUS)がリヨン・サンテグジュペリ空港とを結んでいます。  (「リヨン・ペラーシュ駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

Gare de Lyon-Perrache – Google Map 画像リンク」「Gare de Lyon-Perrache – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がリヨン・ペラーシュ駅北口です。

カメラ北東方向がリヨン・ペラーシュ駅南口です。

リヨン・ペラーシュ駅コンコースのストリートビューです。

リヨン・ペラーシュ駅ホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*