リヨン市庁舎

マーカーはリヨン市庁舎です。

光の祭典
[毎年12月8日には、「光の祭典」 (Fête des Lumières) が行われる。これは、ペストアルプス山脈以北の欧州で1348年から1353年に流行した際、リヨンのひとびとがフルヴィエールの丘にあるノートルダム聖堂マリア像に祈りを捧げたところ、流行が治まったことに由来するという。この日の夜はリヨン市内の家々の窓際(感謝の捧げ物としてのロウソクなので、本来はフルヴィエールの丘に面した窓のみ。現在はそれにこだわらない)はろうそくの灯りで彩られ、建物や道路はイルミネーションで飾られる(時間を決めて、各家庭と街の不急の照明を消灯する。ライトアップされたノートルダム聖堂と、窓々のロウソクの明かりが幻想的である)。  (wikipedia・リヨンより)]

リヨン市庁舎
[リヨン市庁舎は、1886年7月12日以来、歴史的建設物として分類されている。17世紀には、リヨンは開発され、リヨン市役所は現在地に、1645~1655 年にシモン・モーパンの設計で建てられた。1674年の火災後、1700 年にハルドゥワン・マンサールと彼の弟子ロバート・デ・コットによって設計により改修工事が行なわれた。
夜の市庁舎・wikipedia-photo]

Hôtel de Ville de Lyon – Google Map 画像リンク

カメラ位置はテロー広場で、カメラ東北東方向がリヨン市庁舎で、カメラ南南東方向がリヨン美術館です。

リヨン市庁舎迎賓ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*