聖ジョージ教会

マーカーは聖ジョージ教会です。

聖ジョージ教会(Église Saint-Georges de Lyon)
[聖ジョージ教会はフランスリヨンの教会であり、ヴューリヨン(Vieux Lyon)として知られる近隣地域にあります。
レイドレード(Leidrade)によって設立された2番目の教会は、周囲の地域にその名前を付けました。現在のネオゴシック様式の建物は、建築家ピエール・ボッサン(Pierre Bossanノートルダム大聖堂 (フルヴィエール)の計画の著者でもあった)によって1844-1845年に建てられました。リッダのジョルジュ(Georges de Lydda)にちなんで名付けられました。エルサレム聖ヨハネ騎士団 (Ordre de Saint-Jean de Jérusalem)の指揮官のかつての場所を占めています。
現在の聖ジョージ教会の跡地にある最初の教会は、6世紀にサセルドス(Sacerdos)によって設立されました。 彼は聖ユーラリー(Sainte Eulalie)の名の下に礼拝の場を設立しました。そして、それほど南にはない、教会に関連した修道女の修道院がありました。
教会は8世紀のサラセン人の侵略によって損傷を受けているようです。800年代頃にレイドレード(Leidrade)によって修復されました。その後、教会はセント・ジョージ(リッダのジョルジュ)に捧げられます。発掘調査により、現在の教会は原始教会の場所にあると推定できます。
11世紀または12世紀に、教会は北、西、および南の面で、サン・ジョルジュ教区の墓地に囲まれました。
エルサレムの聖ヨハネ騎士団は13世紀の初めにリヨンに到着し、1315年に教会に隣接する古い修道院に定住しました。 これは教区教会のままですが、聖ヨハネ騎士団司令部に付属していました。
15世紀の終わりに、教会は修復されました。1492年、司令官の宿舎はハンバート・ド・ボーヴォワール(Humbert de Beauvoir)によって遠くない場所に建てられ、聖ジョージ教会を修復する機会を得ました。教会は聖歌隊席の端を作り直し、建物全体を装飾しました。
ソーヌ川の左岸から見た教会・wikipedia-photo、1778年のセラーと保管室の計画・wikipedia-photo身廊内陣wikipedia-photo、身廊とオルガン・wikipedia-photo、メインドア・wikipedia-photo、セントジョージを表示するペディメントwikipedia-photo]

サン ジョルジュ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖ジョージ教会です。

カメラ西南西方向が聖ジョージ教会です。

聖ジョージ教会身廊のカメラです。

聖ジョージ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*