聖ボナベンチャー教会

マーカーは聖ボナベンチャー教会です。

聖ボナベンチャー教会(Basilique Saint-Bonaventure de Lyon)
[聖ボナベンチャー教会は、フランスリヨンにあるカトリック礼拝に捧げられた宗教的な建物です。コルデリア地区(Les Cordeliers)のローヌ川ソーヌ川に挟まれた半島の中心部に位置するこの教会は、インペリアル通り、現在のレピュブリック通り、コルデリア広場(Place des Cordeliers)の再開発の画期的な作品の後に残る唯一の中世の建物です。教区教会ではなく、1971年以来の都市聖域である教会は、2019年9月28日に教皇フランシスコ(在位: 2013年3月13日 – )によって小聖堂の階級に引き上げられました。
現在、聖ボナベンチャーの名の下に置かれた教会の歴史は、それが属していた修道院、コルデリア修道院(Le couvent des Cordeliers)の歴史と密接に関連しています。
この場所に定住したフランシスコ会のコミュニティのニーズを満たすために、ジャック・ド・グロレ(Jacques de Grolée)がより大きな教会の建設を決定しました。教会の狭小を解消するため新しい教会は、1325年と1327年の間のわずか2年間で建設され、1328年9月18日アッシジのフランチェスコの名の下に、リヨン・サヴォイアのピエール4世大司教により献堂されました。教会は1471年から1484年に拡大され、その後、聖ボナベンチャー教会と命名されました。
クワイヤは1607年に復元されました。
フランス革命後、1806年教会として再開されるまで穀物倉庫として使用され、1890年頃、教会は東側の側面に支えられた建物と、西側の側面にあるグローレ通り(Rue Grolée)の拡大を可能にするキュリアを取り除きました。
サンボナベンチャー教会は、1927年に歴史的建造物に登録されています。
聖ボナヴェントゥラ大聖堂外観・wikipedia-photo、聖ボナベンチャー教会の正面・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、祭壇とノートルダム礼拝堂の眺め・wikipedia-photo、「1890年以前に取り壊された、教会の東側にあった家」・wikipedia-photo、「1890年頃、北から見た聖ボナベンチャー教会・グロレ通りを遮る西のキュリアに注意してください。グランドバザールが建てられています(写真の右下)」・wikipedia-photo、「セントジョセフに捧げられた祭壇画の眺め、大理石、1894年(セントジョセフ礼拝堂)」・wikipedia-photo、ノートルダム礼拝堂の祭壇のある祭壇画・wikipedia-photo、クワイヤとオルガン・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、聖ボナベンチャーの奇跡画・wikipedia-photo]

聖ボナベンチャー教会 – Google Map 画像リンク」「Shrine of St. Bonaventure – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が聖ボナベンチャー教会で、カメラ北西方向が商工会議所です。

聖ボナベンチャー教会拝廊付近のカメラです。

聖ボナベンチャー教会身廊のカメラです。

聖ボナベンチャー教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*