サン・マルタン・ダネィ聖堂

マーカーはサン・マルタン・ダネィ聖堂です。

サン・マルタン・ダネィ聖堂(Basilique Saint-Martin d’Ainay)
[サン・マルタン・ダイネーの大聖堂は、フランスリヨン市のローヌ川ソーヌ川に挟まれたリヨン半島のアイネー地区にあるロマネスク様式(12世紀)の古い修道院教会です。1905年に大聖堂の階級に昇格しました。大聖堂は1840年のリストで歴史的建造物として分類されています。
859年、アウレリアン(Aurélien)大司教の時代にベネディクト会の修道院会がリヨン半島に設立されました。設立後修道院のランクに引き上げられ主要な建設が始まります:修道院教会はガウシェラン(Gaucerand)神父の願いに従って11世紀の終わりに建てられ、1107年1月29日に教皇パスカリス2世(在位:1099年 – 1118年)の後援の下にトゥールのマーティン(Martin de Tours)に捧げられました。この教会は、リヨンに現存されている珍しいロマネスク様式の教会の1つです。同じ日、祭壇は聖母の受胎に捧げられました。
13世紀、フランス王ルイ9世(在位:1226年 – 1270年)の治世中、第1リヨン公会議(1245年)で、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(在位:1220年 – 1250年)を弾劾すべく、教皇インノケンティウス4世(在位:1243年 – 1254年)と再会し、彼はブルゴーニュからプロヴァンスまでの71の教会と修道院に優先的卓越性を認め、ダネィ修道院は、フランス王国で最も強力な修道院の1つになりました。
1313年から1324年にかけてダネィ修道院長だったジャン・II・デ・ラ・パルド(Jean II de la Palud)は、修道院に宮殿を建てました。
ルネサンス時代には、修道院には港があり、修道院長は宮殿に住んでおり、修道士は回廊、庭、ブドウ園のある主要な建物に住んでいました。修道生活は緩められ:実際、修道士会の体制によると、修道院長は今後、王によって任命されるため、経済的側面は優遇されましたが、宗教的緊張感がゆがめられました。
1504年国王はアボット委員(Abbé commendataire)を任命し、修道院の衰退が始まった。この期間から、土地は売却され、新しい地域に占有されます。
カミーユ・ド・ニューフヴィル・ド・ヴィレロイ(Camille de Neufville de Villeroy)は5歳でアボット委員に任命され、1653年にリヨン大司教となり、1685年に修道院を世俗化しました。
1562年、ユグノー戦争中、フランソワ・ド・ボーモン(François de Beaumont)の軍隊が建物の一部を破壊しました。回廊が破壊され、教会が荒廃し、保存記録が燃えました。
1600年、フランス王アンリ4世(在位:1589年 – 1610年)はリヨンの大聖堂(サン・ジャン大聖堂)で開催されたマリー・ド・メディシスとの結婚式の際に修道院に滞在しました。
17世紀の終わりに、修道院は消滅しました。教会と残りの建物は、1685年に世俗的教会に委ねられました。1723年から1769年の間に、教会は周辺の土地を細分化して分譲することを決定しました。
教会は教区になり、1780年1月27日に修道院の称号を失います。
フランス王ルイ13世(在位:1610年 – 1643年)はリシュリュー大臣と一緒に滞在し、ルイ14世(在位:1643年 – 1715年)は4回滞在しました。
フランス革命で、修道院が没収され、修道院長の宮殿は破壊されました。 教会は、その破壊を回避する穀倉倉庫になります。
教会は1802年に信者に開かれました。1844年に歴史的建造物に分類され、19世紀にネオロマネスク様式で復元されました。建築家のポレット(Pollet)とブノワ(Benoît)は、「純粋なロマネスク」の精神でそれを修復し、回廊の最後の痕跡を破壊し、付随する礼拝堂を追加することでそれを拡大しました。
1844-1845年の改修の最中にサント・ブランディン礼拝堂で発見された中世のモザイクは、興味をそそりましたが、破壊されました。別のモザイクは、1851年にメインの祭壇の近くにあります。 それは教会のモデルを提示する聖職者を表しています。19世紀にリヨンで発見された唯一の中世のモザイクで、最初に1852年から1855年にかけて部分的に復元され、1934年に2度目に復元されています。
1905年6月13日に教皇聖ピウス10世(在位:1903年 – 1914年)により小聖堂に昇格しました。
1550年の修道院の計画図

サン・マルタン・ダネィ聖堂ファザード・wikipedia-photoAbsidiole de saint Badulphe(サン・マルタン・ダネィ聖堂の後陣-フランドリンのフレスコ画は、4世紀に最初の修道院を設立した隠者を表しています。)・wikipedia-photo、「後陣:中央にサンブランディン礼拝堂、右側にサンマルタン教会」・wikipedia-photo、「サン・マルタン・ダネィ聖堂、ジャン=ミシェル・グロボン(Jean-Michel Grobon)の絵画(1803年)。」・wikipedia-photo]

Paroisse Catholique Saint Martin d’Ainay – Google Map 画像リンク

カメ東南東方向がサン・マルタン・ダネィ聖堂です。

サン・マルタン・ダネィ聖堂内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*