オノレ・デ・エスティエンヌ・ドルブ広場

マーカーはオノレ・デ・エスティエンヌ・ドルブ広場です。

[旧港Vieux Port
街の中心部にあり、港独特の雰囲気が漂います。2,600年前にギリシャ人によって発見されたラシドンの入り江は、今や3,500隻のヨットやモータボートを迎え入れる港として姿を変えました。旧港の周囲には見事な建築遺産が集まり、サン・ニコラ要塞(le Fort Saint-Nicolas)、サン・ジャン要塞(le Fort Saint-Jean)、ファロ宮(le Palais du Pharo)、サン・ローラン教会(l’eglise Saint-Laurent)、市庁舎(l’Hotel de Ville)、市立病院(l’Hotel Dieu)、そして有名なアクールの鐘楼(le clocher des Accoules)があります。鮮魚市が立ち、シーフードレストランが数多く軒を並べることから、マルセイユ市内でもとくに賑わう場所です。  (「見所とモニュメント」より)]

オノレ・デ・エスティエンヌ・ドルブ広場(Cours Honoré-d’Estienne-d’Orves)
[オノレ・デ・エスティエンヌ・ドルブ広場は、マルセイユの第1区(1er arrondissement de Marseille)にあるアルセノー地区の中心部にあるレストランの観光客向けの歩行者用コースで、フランス海軍士官、第二次世界大戦の英雄、名誉レジスタンスの殉教者オノレデスティエンヌドルフ(Honoré d’Estienne d’Orves・1901〜1941)にちなんで名付けられました。
1488年、フランス王シャルル8世(在位:1483年 – 1498年)はこの地区をマルセイユ旧港に設置しました。これは、フランス海軍のためのマルセイユの軍用ガレー船の兵器庫であり、1494年に6つの軍団が建設されました。(王室駐地と最大8,000人のガレー船奴隷の宿泊施設付き)。
1512年、フランス王ルイ12世(在位:1498年 – 1515年)は12の新しい軍団の建設を命じ、そのうち6つが完成します。
1529年から、神聖ローマ皇帝カール5世(在位:1519年 – 1556年)によるマルセイユの包囲につながった一連イタリア戦争の後、フランス王フランソワ2世(在位:1559年 – 1560年)は13の新しいガレー船の兵器庫を建設しました。囚人病院(L’hôpital des forçats )は、1646年にセント・ビンセント・デ・ポール(Saint Vincent de Paul)の兄弟の主導で設立されました。1702年に内運河が掘られました。運河名は最初「ラダルス」と呼ばれ、1780年に税関運河の名前を取りました。そのルートは、オイユ広場(Place aux Huiles)と隣接するジャンバラード広場(Cours Jean-Ballard)も通ります。ガレー船の兵器庫は1707年に完成しました。その後、フランスで最大で、最大40のガレー船の兵器庫が稼働していました。ガレー船の衰退に伴い、州は1781年にトゥーロンの兵器庫でそれを再編成し、場所をマルセイユ市に、その後、特に裕福な商人に譲り渡され、その後、そこで地域の新聞が発行されます。 税関運河は1927年から1929年の間に埋められました。
この広大な歩行者エリアは、現在までにマルセイユの主要な観光地の1つであり、都市計画者のチャーリー・ボヴェ(Charlie Bové)が構想し、1989年に発足しました。多数のレストラン(特に地中海のプロヴァンス料理、マルセイユ旧港の魚市場の魚とブイヤベース)、レストラン、カフェ、バー、ショップ、アートギャラリーを備えた広大なテラスで、 さまざまな文化イベント、スケートリンク、サントンフェア(Foire aux santons)、冬のクリスマスマーケット等が行われます。ガレー船の兵器庫の古い歴史的な本部は、本屋、ギャラリー、ショップ、レストラン、マルセイユの絵のような施設に変わりました。
1700年頃のガレー船の兵器庫地図

オノレ・デ・エスティエンヌ・ドルブ広場・wikipedia-photo、1584年絵図・wikipedia-photo、1666絵図・wikipedia-photo、旧港長室・wikipedia-photo、ガレー船の兵器庫の旧本部・wikipedia-photo、広場ギャラリー・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo]

Cours Honoré-d’Estienne-d’Orves – Google Map 画像リンク

広場西端のカメラ

カメラ南方向がガレー船の兵器庫の旧本部です。

広場東端のカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*