カステラーヌ広場

マーカーはカステラーヌ広場です。

カステラーヌ広場(Place Castellane)
[カステラーヌ広場は、マルセイユ(6区・6e arrondissement de Marseille)の中心からそれほど遠くない場所です。その名前は、1774年に土地の提供と広場建設資金提供を行ったアンリ・セザール・デ・カステラーヌ・マジャストレ(Henri-César de Castellane-Majastre)に由来しています。
噴水に置き換えられる前、この広場の中心には1811年から20世紀初頭にかけてオベリスクがありました。それは、皇帝ナポレオン1世(在位:1804年 – 1814年、1815年)の息子、ローマの王(ナポレオン2世・誕生:1811年)の誕生の時でした。
ジョセフ・コンラッド(Joseph Conrad)は彼の著書「黄金の矢」でこの場所についてオベリスクと語っています。「ローマ通り(Rue de Rome)の終わりに、ミストラルの暴力的で凍った息がビクトリアを輝かしい太陽の道で包み込み、 しかし、熱がありません。 私たちは、プラドの入り口に建てられたかなりささいなオベリスクを壮大なペースで迂回して、権利を取りました。」この物語の期間は1875年頃です。
1911年11月12日以降、このオベリスクはマザルグ(Mazargues)地区に移され、市内で最も美しい噴水の1つである「ジュール・カンティーニ(Jules Cantini)」噴水に置き換えられました。その顔は、港に向かって指を向ける地中海を想起させ、ローヌ川はその源流から海への旅のあらゆる段階でそこに寓意的に表されます。1911年から1913年にかけて、ジュール・カンティーニの要求により、カラーラ(Carrare)大理石を使用してアンドレ・ジョセフ・アラ(André-Joseph Allar)によって彫刻されました。
この広場は、マルセイユ地下鉄の2路線の2つの交差点の1つであり、路面電車の3号線の終点も収容しています。
カステラーヌ広場・wikipedia-photowikipedia-photo、オベリスクのある広場・wikipedia-photo、発足の年のカステラーヌ広場の噴水・wikipedia-photo、古いマルセイユのトラムの列車に囲まれたカンティーニの噴水・wikipedia-photo]

Place Castellane – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がカステラーヌ広場です。

黄昏の広場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*