ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院

マーカーはノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院です。

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院(Basilique Notre-Dame-de-la-Garde)(ファイル:Marseille_hafen.jpg
[154mの丘にそびえ、マルセイユのシンボルとして親しまれるノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院。1214年にここに最初の聖堂が建てられました。1524年、フランソワ1世 (フランス王)は砦の建設を命じます。現在の大聖堂の姿はエスペランデューの設計によるロマネスク・ビザンチン様式です。この時の建築はナポレオン3世時代に着手された大規模工事の一環として行なわれ、1864年に完成しました。豪華な建築材とモザイクの洗練された内装が、聖母マリア信仰のための神聖な場所を作り上げています。寺院内部にはたくさんのエクス・ヴォート(奉納品)が飾られており、地元マルセイユの人たちの信仰の篤さを象徴しています。寺院の頂上には高さ9.7メートルの黄金のマリア像が輝き、見晴台からは最高に美しいマルセイユの眺望が開けます。  (「恋する仏蘭西♪」より)]

[ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院(Provençal, Nouestro-Damo de la Gardo)は、「グッドマザー」(プロヴァンスのブエノメール)と呼ばれることが多く、カトリック教会の19世紀の小聖堂です。 ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド(サンヴィクトールのマルセイユの守護者(Victor de Marseille))に捧げられたマルセイユのエンブレムは、ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルドの丘の頂上から街と地中海を一望しています(1917年以来サイト(Site classé ou inscrit en France)で分類されています。)。
ルーカス・ブラン(Roucas Blanc)とヴォーバン(Vauban)地区にまたがり、古い砦の壁と基礎のおかげで、海抜149 mの石灰岩の頂上に13 m上昇しました。 プロテスタントの建築家アンリ・エスペランデュー(Henri Espérandieu)によってロマーノ・ビザンティン建築で建てられ、1864年6月5日に奉献され、1214年に建てられ、15世紀に再建された同じ名前の礼拝堂を置き換えます。 1536年にフランス王フランソワ1世(在位:1515年 – 1547年)によって神聖ローマ皇帝カール5世(在位:1519年 – 1556年)の包囲に抵抗するために建てられた16世紀の砦の基礎の上に建てられたバシリカには、岩に刻まれたロマネスク様式の低い教会、または地下室があります。 モザイクで飾られた背の高いロマーノ・ビザンチン教会の上。 高さ41メートルの正方形の鐘楼の上部には、台座として機能する12.5メートルの塔があり、聖母子の記念碑的な11.2メートルの像が立っています。 金色の銅の葉でできています。
建設に使用された石、特にフィレンツェ周辺の緑の色石は大気腐食に敏感であることが示されています。それらは解放時の弾丸の衝撃により損傷し、ろうそくの煙で時間が経つにつれて黒くなった、モザイクの修復に関連する長く綿密な修復を行う必要がありました。それらは、2001年から2008年にかけて行われました。
のマルセイユの真の守護者ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルドは、中世から船員と漁師の守護者と見なされてきました。
「旧港から見たノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院」・wikipedia-photo、聖堂の内部・wikipedia-photo、古い採石場の痕跡・wikipedia-photo、大聖堂の前でキリストの受難・wikipedia-photo、フランソワ1世の盾・wikipedia-photo、非常に古い痕跡・wikipedia-photo、1575年マルセイユの地図・wikipedia-photo、教会堂の地下室・wikipedia-photo、花束と聖母子・wikipedia-poto、教会の銀の聖母子・wikipedia-poto、「鐘楼、鐘塔と聖母子の像」・wikipedia-poto、「鐘楼上に設置中の聖母子像、1869年に撮影した写真」・wikipedia-poto、「ベル、1845年の石版画」・wikipedia-poto、大規模ドームのモザイク・wikipedia-photo、受胎告知・wikipedia-photo]

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院です。

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院北端のカメラです。

西展望台からのカメラです。

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院内のカメラです。

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院拝殿前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*