ファロ宮

マーカーはファロ宮です。

[旧港Vieux Port
街の中心部にあり、港独特の雰囲気が漂います。2,600年前にギリシャ人によって発見されたラシドンの入り江は、今や3,500隻のヨットやモータボートを迎え入れる港として姿を変えました。旧港の周囲には見事な建築遺産が集まり、サン・ニコラ要塞(le Fort Saint-Nicolas)、サン・ジャン要塞(le Fort Saint-Jean)、ファロ宮(le Palais du Pharo)、サン・ローラン教会(l’eglise Saint-Laurent)、市庁舎(l’Hotel de Ville)、市立病院(l’Hotel Dieu)、そして有名なアクールの鐘楼(le clocher des Accoules)があります。鮮魚市が立ち、シーフードレストランが数多く軒を並べることから、マルセイユ市内でもとくに賑わう場所です。  (「見所とモニュメント」より)]

ファロ宮(Palais du Pharo)
[マルセイユ旧港の入口にあるファロ宮(Palais du Pharo)。ナポレオン3世時代、ウジェニー・ド・モンティジョ皇后の別邸として建設された荘厳な宮殿。港の入口を見下ろすように、サン・ジャン要塞の向かい側に建っています。現在はマルセイユ市の所有となり、主に会議場や、格調高い催しの会場として使われています。一般に公開されている公園では、旧港を一望できる素晴らしい風景が散歩に来た人たちの眼を楽しませてくれます。]

Pharo Palace – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がファロ宮です。

カメラ南南東方向がファロ宮です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*