ベルサンス通り

マーカーはRue Tapis Vert交差点です。

ベルサンス通り(Cours Belsunce)
[ベルサンス通りは、マルセイユの1区にある道路です。 これは、同じ名前の地区のメインストリートです。
道路造成中でしたが、ペストに対する住民への介護に献身中、自らの命を落としたマルセイユの司教ベルサンスに捧げられ名前が付けられました。
1670年にルイ14世(在位:1643年 – 1715年)によって都市が拡張されたときに作成され、マルセイユの遊歩道の場所になり、噴水や豪華な大邸宅、ホテル・ペシオリーニ(Hôtel Pesciolini)など、ワインやオリーブの貿易に特化したトスカーナ大公国の貿易商の邸宅が並びました。それはピコリン(Picholine)オリーブにその名前を与えたでしょう。
1790年7月14日、連邦(Fédération)の祝宴の間に、カネビア(La Canebière)通りの角に祖国に捧げられた祭壇が建てられました。道路はマルセイユを代表する像を取り囲むようになりました。そこでは大衆が祝われ、法律に従うことを誓いました。
カネビエール通りとサン・ルイ(Cours Saint Louis)通りとベルサンス通りの広場の角には、マルセイユのゼロ点があり、マルセイユからパリまでの距離と建物の番号を計算できます。
ベルサンス通り・wikipedia-photo、マルセイユゼロポイント・wikipedia-photo、ペストのエピソードの時点でのベルサンス通りの彫刻・wikipedia-photo]

Cours Belsunce – Google Map 画像リンク

カメラ位置はRue nationale交点で、カメラ南南東方向が ベルサンス通りです。

カメラ位置はRue Tapis Vert交差点で、カメラ北、南方向が ベルサンス通りです。

カメラ位置はカネビエール通りで、カメラ北北西方向が ベルサンス通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*