タウンホール(オテル・ダビエル)

マーカーはタウンホール(オテル・ダビエル)です。

[旧港Vieux Port
街の中心部にあり、港独特の雰囲気が漂います。2,600年前にギリシャ人によって発見されたラシドンの入り江は、今や3,500隻のヨットやモータボートを迎え入れる港として姿を変えました。旧港の周囲には見事な建築遺産が集まり、サン・ニコラ要塞(le Fort Saint-Nicolas)、サン・ジャン要塞(le Fort Saint-Jean)、ファロ宮(le Palais du Pharo)、サン・ローラン教会(l’eglise Saint-Laurent)、市庁舎(l’Hotel de Ville)、市立病院(l’Hotel Dieu)、そして有名なアクールの鐘楼(le clocher des Accoules)があります。鮮魚市が立ち、シーフードレストランが数多く軒を並べることから、マルセイユ市内でもとくに賑わう場所です。  (「見所とモニュメント」より)]

タウンホール(オテル・ダビエル・Hôtel Daviel)
[オテル・ダビエルは、ジェラール(Gérard)兄弟によって1743年から1747年にかけて建てられたマルセイユの建物です。1720年の疫病の間にマルセイユに行った外科医で眼科医のジャック・ダビエル(Jacques Daviel)にちなんで名付けられました。このオテル・ダビエルの正面と屋根は、1945年1月12日の法令により、歴史的建造物として分類されています。
歴史
このオテル・ダビエルの敷地には、1576年に建てられ、1618年に改装された最初の裁判所がありました。1649年に裁判所を訪れたオランダの旅行者によると、この記念碑はマルセイユで最大かつ最も好奇心が強いものでした。18世紀初頭、この裁判所の敷地は不十分でした。市会議員は、再建費用は国庫で負担すべきだと考えています。1742年12月18日の王の議会の命令は、マルセイユに新しい裁判所を建設し、対応する費用を自治体が負担することを命じています。
Sénéchausséeのメンバーは、ラ・カヌビエール (La Canebière)にある土地の区画に新しい施設を建設することを提案しています。しかし、市議会はこのプロジェクトに費用がかかりすぎると判断し、古い宮殿の敷地に新しい宮殿を再建することにしました。古い宮殿の敷地が足りないため、市は建設可能面積を増やすために、20,000ポンドの価格でM.フェラーリー(M. Ferrary)の所有する段々になった家を取得しました。市議会は1743年9月26日の会議で、この仕事に資金を提供するために、市内で販売されている小麦の各負荷に追加料金を設定することを決定しました。解体と再建の期間中、司法行政は、オリーブ通り(Rue des olives)のジャランテ・ラ・ブリュイエール(Jarente-la-Bruyère)侯爵の家に設置されました。
裁判所は1743年の終わりに新しい建物に設置できました。費用は194,212ポンドでした。
このオテル・ダビエルは、1747年から1862年にかけて、モンティヨン広場に新しい裁判所が建設されるまで裁判所として機能しました。供用開始から50年以内に、このオテル・ダビエルは、1793年と1794年に多数の死刑判決の宣告とともに劇的な出来事を経験しました。
オテル・ダビエルは裁判所が1875年から1893年にかけて医学部を収容していたモンティヨン広場に移された後の、1943年から、市庁舎の地方事務所になっています。
オテルダビエル・wikipedia-photo、オテルダビエルの彫刻の詳細・wikipedia-photo]

Mairie-Pavillon Daviel – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がタウンホール(オテル・ダビエル)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*