サンタ・クルズ教会

マーカーはサンタ・クルズ教会です。

サンタ・クルズ教会(Igreja de Santa Cruz)
[サンタ・クルズ教会(Igreja de Santa Cruz) – 17世紀建造のバロック様式の教会。
「サンタ・クルズ教会」・wikipedia-photo  (wikipedia・ブラガより)]

[サンタ・クルズ教会(聖十字架教会)は17世紀に建てられた、ブラガの教会です。17世紀バロック・マニエリスム様式で建てられ、その内部は珍しい黄金色にあります。身廊は、非常に高く、4分割石造のボールトによって形成されています。 教会の内部は彫刻家・修道士ホセ・デ・サント・アントニオ・ビラサ(José de Santo António Vilaça)の制作です。黄金色のオルガンとの説教壇に注目してください。外装は、すべて中央対称に細工された石造です。教会は、市の中心部、ラルゴ・カルロス・アマランテ(Largo Carlos Amarante)に位置しています。
歴史
1625年、アフォンソ・フルタド・デ・メンドンサ(Afonso Furtado de Mendonça)大司教は神殿が植えられる土地を祝福し、すぐに作業を始めました。
1694年に完成した塔を除き、石工作業は1653年に完成しました。
建築作業の長さにもかかわらず、教会の構造はすぐに老朽化の兆候を示し始めました。したがって、1731年11月16日、修道会は、マフラ国立宮殿の仕事を指揮するために忙しかったマヌエル・フェルナンデス・ダ・シルバ(Manuel Fernandes da Silva)を招き、時間の損傷を修復しました。しかし、壁の一部を破壊した後、仕事を放棄されました。
1734年に教会全体が取り壊され、ファサード(カルロス・アントニオ・レオーネ(Carlos António Leone)によって改造される予定)のみが残され、作品は1739年に完成しました。
サンタ・クルズ教会・wikipedia-photo]

サンタ・クルース教会 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がサンタ・クルズ教会です。

サンタ・クルズ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*