ブラガ城跡の塔

マーカーはブラガ城跡の塔です。

ブラガ城(Castelo de Braga)
[ブラガ城 – 古代ローマ時代に建設された城だが、現存しているのは、ゴシック建築の塔のみとなっている。  (wikipedia・ブラガより)]

[ブラガ城は、ポルトガルブラガ県、ブラガ市にありました。
ミーニョ大学(University of Minho)によって行われた最近の考古学的研究では、3世紀にさかのぼる半円形のタレットで補強された多角形の計画で防御フェンスを特定しました。
侵略者の侵攻時には、その重要性と伝統のために、ブラガはスエビ王国の首都として選ばれ、西ゴート族による征服とイスラム教徒による略奪の間に重要性が減少したと信じられていました。その後、レオン王国のキリスト教軍に征服されました。
これらの困難な時期における防衛の進化に関する信頼できる情報はありませんが、11世紀から、古代ローマの城壁の北部を補完する2番目のフェンスが南と西に建設中であったことが知られています。
1145年、ブラガの大司教ジョアン・ペキュリアー(João Peculiar・1139年 – 1175年)が、テンプル騎士団の騎士をブラガに常駐させたことも知られています。
13世紀から、ローマの城壁の北部が放棄され、大聖堂周辺の都市が成長したことにより、建設の新しい段階が始まりましたが、この段階に関する情報はほとんどありません。ポルトガル王ディニス1世(在位:1279年 – 1325年)の治世下で、新しいフェンスが開始され、塔によって補完されたということです。作業はゆっくりと進み、ポルトガル王フェルナンド1世(在位:1367年 – 1383年)の治世では、新しいフェンスは無効であることが判明し、1370年代のカスティーリャの軍隊による都市の侵略が可能になりました。1383-1385年の危機(空位時代・アルジュバロータの戦い参照)の間、ブラガはポルトガル北部の他の都市とともに、カスティーリャ党に忠実であり続けました。 しかし、1385年のコインブラ裁判所[Cortes de Coimbra de 1385・コインブラで身分制議会ともいうべきコルテスが開催され、民衆はドン・ジョアン(ポルトガル王ジョアン1世・在位:1385年 – 1433年)を国王に選出した]で新しい主権者が称賛されたため、ブラガはその扉を開きました。
新しい主権者ポルトガル王ジョアン1世も、フェンスが新しい四角形の塔で補強されたときからこの防衛を担当していました。
しかし、16世紀以降、防御機能の喪失は、外部からフェンスに取り付けられた建物の数によって証明されました。
1906年、ブラガ城は取り壊され、砦だけが残されました。
その後、塔と中世の壁のいくつかの痕跡は、1910年6月24日に発行された法令によって国定記念物に分類されました。
「ポルトガル、ブラガ城:旧市街の中心部にある建物に囲まれた城の塔」・wikipedia-photo、「ブラガ市:16世紀の図像。壁の右上隅にブラガ城があります。」・wikipedia-photo、ブラガ城跡の塔・wikipedia-photo]

ブラガ城 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向・樹木の向こうがブラガ城跡の塔です。

ブラガ城跡の塔南側のカメラです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*