(ヘルクラネウム)

このページは it.wikipedia 、ウィキメディア コモンズ、及び「HerculaneuminPictures」、「Herculaneum Panoramas – Images by Brian Donovan」、「Herculaneum」を参考にして作成しています。

    下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。また、吹き出しにもリンクを設定しています。

    ヘルクラネウム(イタリア語:Scavi archeologici di Ercolano (ヘルクラネウムの考古学的発掘)、英語:Herculaneum )は、ポンペイ、スタビアエ( Stabiae )、オプロンティス( Oplontis )と共に79 年のヴェスヴィオ噴火により失われたことで有名である。町は高温の火砕物に埋まり、それは冷えて火山性の凝灰岩となった。1981 年に遺骨が発見されて以来、150 体あまりの人骨が発見された。噴火当時ヘルクラネウムはポンペイに比較して小さな町で、より豊かな人々が住んでいた。
    古い言い伝えはヘルクラネウムをギリシアの英雄ヘラクレスに関連付けており町がギリシア人により建設されたことが窺われる。紀元前 6 世紀末頃イタリアのサムニウム人の先祖がこの場所に最初に文明を築いたようである。その後まもなくして町はギリシアの支配下に入った。ギリシア人は町をヘルクラネウムと名付けナポリ湾に近いこともあり町を貿易基地として利用した。紀元前 4 世紀再びサムニウム人がヘルクラネウムを支配し、その支配はヘルクラネウムも参戦した同盟市戦争(ローマに対する同盟軍の戦争)で将軍スッラの補佐官ティトゥス・ディディウスに敗れて紀元前 89 年にローマのムニキピウムになるまで続いた。
    79 年のヴェスヴィオ火山の噴火後、ヘルクラネウムの町を溶岩や土や灰が 20 メートル程の厚さで覆ってしまった。町はその後、1709 年に井戸を掘っていた労働者に偶然発見されるまで 1600 年以上ほぼそのままの姿で地中に眠っていた。発見以来発掘作業が進められたが依然終了していない。現在のエルコラーノポルティチはヘルクラネウムがあった場所にほぼ位置している。エルコラーノの町は 1969 年までレシーナと呼ばれていたが、古代の町を記念してヘルクラネウムを現代イタリア語化したエルコラーノに改名された。
    発掘は現在のエルコラーノの場所で 1738 年に始められた。しかし、近くのポンペイの町が発見されると発掘は中断された。ヘルクラネウムは堆積物が 20 メートルもの厚さで覆っていたのに対しポンペイは 4 メートル程だったので遥かに発掘が容易だった。20世紀になって発掘が再開されたが、大広場の複合施設をはじめとする個人及び公共の建築物が未発掘である。  (wikipedia・ヘルクラネウムより)

    古代ヘルクラネウムのローマ劇場パピルス荘アウグスタレス大学トスカーナの列柱の家ブラックホールの家2つのアトリウムの家フォーラムの浴場デクマヌス・マクシムス二百年祭の家美しい中庭の家ネプチューンとアンフィトリテのモザイクの家コリント式アトリウムの家サムニウム人の家グランド ポータルの家ヘルクラネウム体育館ガルバの家天才の家アルゴスの家アリスティデスの家人骨の家木の間仕切りの家木組みの家青銅のヘルメス柱像の家宿屋の家アルコーブの家モザイクのアトリウムの家Grande Taberna鹿の家聖域テレポスのレリーフの家宝石の家郊外の浴場