アトミウム

マーカーはアトミウムです。

アトミウム
[アトミウム(Atomium)は、1958年のブリュッセル万国博覧会のために建設されたモニュメントで、現在もブリュッセル北西の万博会場跡地・エゼル公園(Heysel)に建つ。高さは103mで、鉄の結晶構造体心立方格子構造)を1650億倍に拡大したものである。アトミウムの形状は、一つの頂点を底にして斜めに倒された立方体になっている。9つの球体(直径18m)が原子をあらわし、各頂点に位置する8つの球体を結ぶ12の辺と、中心の球体から各頂点へ伸びる8つの軸は鋼鉄のチューブでつながれている。チューブの中には最長35mのヨーロッパ有数の長さのエスカレータが通り、各球体を結んでいる。最上部の球体は展望レストランになっており、ブリュッセル市街を一望の下に見渡せる。他の球体では1950年代を振り返る展示が行われている。球体のうち、上のほうにある3つは垂直の支えがないため、安全上の理由から一般には公開されていない。
「オーストリアのクラーゲンフルトのミニチュアテーマパーク、ミニムンドゥス(Minimundus)にあるアトミウムのミニチュア」・wikipedia-photo、「ブリュッセル市街地。街並みの向こうにラーケン・ノートルダム教会とアトミウムが垣間見える」・wikipedia-photo  (wikipedia・アトミウムより)]

アトミウム – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がアトミウムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*