エスパース・レオポルド

マーカーは(カメラ位置-2)です。

エスパース・レオポルド
[エスパース・レオポルド(フランス語: Espace Léopold, オランダ語: Leopoldruimte)は、ベルギーブリュッセルにある、欧州連合の立法機関である欧州議会が入るビル群。
エスパース・レオポルドは複数のビルで形成されているが、その中でもっとも古いものはポール=アンリ・スパーク・ビルで、議場や議長執務室がある。またアルティエロ・スピネッリ・ビルはエスパース・レオポルドのなかでももっとも新しい建物である。これらのビル群はブリュッセル市の東に位置するウロップ地区にあり、1989年に着工されたものである。欧州議会の正式な所在地はフランスストラスブールにあるルイーズ・ウェイス・ビルであって、エスパース・レオポルドではない。しかしながら欧州連合の諸機関の多くがブリュッセルに所在しており、欧州議会は他機関との活動に接しやすくするためにブリュッセルにビル群を建設したのである。議会の機能の多くはブリュッセルでなされているが、法令上はストラスブールが正式な所在地とされている。
エスパース・レオポルドは議場のあるポール=アンリ・スパーク・ビル、アルティエロ・スピネッリ・ビル、ヴィリー・ブラント・ビル、ヨージェフ・アンタル・ビルと、かつてブリュッセル=リュクサンブール駅の入り口として使われていた建物を改装したビルで構成されている。
「リュクサンブール広場から望むエスパース・レオポルド、中央に古い駅舎があり、それをはさんで新しい建物が並ぶ。」・wikipedia-photo、本会議場・wikipedia-photo  (wikipedia・エスパース・レオポルドより)]

リュクサンブール広場 – Google Map 画像リンク」「European Parliament – Station Europe – Google Map 画像リンク」「Esplanade Solidarność 1980 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はリュクサンブール広場西端で、カメラ東方向中央に古い駅舎があり、それをはさんでエスパース・レオポルドの新しい建物が並ぶ。(カメラ位置-1)

カメラ東南東方向がアルティエロ・スピネッリ・ビル(Alterio Spinelli)で、正面左側に案内所があります。また、カメラ北方向の建物がパルラマンタリウムです。(カメラ位置-2)

カメラ位置はアルティエロ・スピネッリ・ビル(Alterio Spinelli)とポール=アンリ・スパーク・ビル(Paul-Henry Spaak・議場や議長執務室がある)の渡り廊下前のヴィエルツ通り(Wiertzstraat)です。(カメラ位置-3)

欧州議会議場のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*