コングレ記念塔(無名戦士の墓)

マーカーはコングレ記念塔(無名戦士の墓)です。

コングレ記念塔(無名戦士の墓・Congress Column)
[コングレ記念塔(フランス語:Colonne du Congrès、オランダ語:Congreskolom)は、ベルギーブリュッセルのコングレ広場にある記念碑です。
1830年8月25日、ブリュッセルの王立モネ劇場でオペラの上演中に興奮した観客が暴動を起こし、ベルギー独立革命の引き金を引いた。9月26日には臨時政府がブリュッセルにおいて設立され、10月4日には独立宣言が行なわれた。11月には国民会議がブリュッセルで開かれた。1831年2月7日に、ベルギーの憲法の制定が行なわれた。これら一連の行動を記念してコングレ記念塔が建設された。記念塔は1850年~1859年の間にヨセフ・ポーレルト(Joseph Poelaert )によって設計後、チャールズ・ ロジェ(Charles Rogier )の主導で建設されました。ベルギー王レオポルド1世(Leopold I )の彫像を含め、塔は47メートルの高さを持っています。塔の内部には、193段の螺旋階段があり、レオポルド1世の銅像の台座を囲むプラットフォームにつながっています。レオポルド1世の銅像はGuillaume Geefsによって作られました。1830年からのベルギーの独立のための闘争で重要な日付は、ベルギーの国民会議・臨時政府のメンバーの名前と一緒に、記念塔の台座に刻まれている。
台座を囲む4つの像は憲法上の言論、出版、結社、教育の自由を表し、ウジェーヌ・シモニス(Eugène Simonis)による二つの記念碑的青銅のライオンが碑の前に置かれています。また、第一次世界大戦のベルギーの犠牲者への追悼として、5人の無名の兵士が1922年11月11日に記念碑台座前に埋葬されました。
コングレ記念塔・wikipedia-photo、コングレ記念塔台座・wikipedia-photo、塔頭にあるレオポルド1世の銅像・wikipedia-photo、古い葉書に印刷されたコングレ記念塔・wikipedia-photo]

コングレ記念塔 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がコングレ記念塔(無名戦士の墓)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*