ゴディバ(ジョセフとアン)

マーカーはゴディバ(ジョセフとアン)です。

ゴディバ
[ゴディバ(Godiva Chocolatier, ゴディバ・ショコラティエ) は、ベルギーで創業した高級チョコレートメーカーである。ベルギー王室御用達とされている。現在はトルコの食品企業・ウルケル(Ülker)グループの傘下にあり、アメリカヨーロッパアジアなどにおいて、チョコレートや関連商品の販売を行っている。ゴディバは1926年、ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立した。1958年パリに販売店を開いて国外進出した。1966年にはキャンベル・スープ・カンパニーの支援を受けてアメリカにも進出した。1972年にキャンベル社が買収し、その傘下に入る。2007年12月になると、経営戦略の違いなどからキャンベル社は売却を決め、トルコの企業であるユルドゥス・ホールディングス(同国最大の食品企業「ウルケル・グループ」の親会社)が買収するにいたった。  (wikipedia・ゴディバより)]

[1926年、ベルギー ブリュッセルでマスターショコラティエだったドラップス氏。自分の店を持ちたいという思いからそれまでの仕事を辞め、自宅の地下室を使いチョコレート会社を始めます。 家族全員が会社の運営に協力し、4人の子供たちはそれぞれ製造、仕上げ、箱詰め、配送に携わっていました。1937年、創業者のドラップス氏が亡くなり、その何ヵ月後かにドラップス夫人も亡くなります。 残された子供たちは、自分たちの力で家業を守り続けます。ジョセフ・ドラップスは顧客の心を理解する才能を持っていました。ピエールは絶えず新しいチョコレートを開発する創造力を持ち、フランソワは滑らかなマジパンとおいしいゼリーの作り方をマスター。イヴォンヌは包装紙やリボンなど、美しいパッケージを開発します。1956年、「ショコラトリー・ドラップス」だった会社が「ゴディバ」となり、ブリュッセルのグランプラス広場に、「ゴディバ」第1号店がオープンします。  (「GODIVA | ゴディバについて。GODIVAの歴史」より)]

Godiva Grand Place – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向・右から2棟目がゴディバ(Godiva)です。建物はギルドハウスのJoseph et Anne(ジョセフとアン)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*