サン・ミッシェル大聖堂

マーカーはサン・ミッシェル大聖堂です。

サン・ミッシェル大聖堂(St. Michael and St. Gudula Cathedral)
[メッヘレン・ブリュッセル大司教区聖堂。前国王ボードゥアン1世ファビオラ王妃との結婚式もここで行なわれました。建物は13-15世紀の壮麗なブラバント・ゴシック様式です。カール5世とその家族から贈られたステンドグラスは16世紀ルネサンス様式内陣にはブラバン公ジャン2世、アルベール大公、イザベル大公妃、オランダ総督シャルル・ド・ロレーヌなどの墓があります。  (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

[ベルギーの首都ブリュッセルの市街中心部にある、高さ69mの2つの塔を持ったゴシック建築聖堂。1962年に大聖堂に昇格したが、古くは「サントギュデュル教会」と呼ばれていた。ブリュッセル中央駅の北側、同駅やグランプラスから徒歩約6分ほどの場所にある。1226年に着工し、約300年後の15世紀の終わりに完成した。その荘厳な建物とともに、1200に及ぶステンドグラスが有名である。このステンドグラスはルネサンス期の16世紀のものである。神聖ローマ皇帝カール5世(1500~1558年)の戴冠式は1516年、この大聖堂で行われたほか、現ベルギー王室とのつながりが深く、前国王のボードワン1世(在位1951~1993年)や、1992年には現国王のアルベール2世(在位1993年~)の長男のフィリップ皇太子の結婚式も、この聖堂で行われている。聖堂内には宝物室がある。  (「kotobank > サンミッシェル大聖堂とは」より)]

[「サン・ミッシェル大聖堂」・wikipedia-photo、「Jean-Baptiste Capronnier作、聖ミッシェル・エ・ギュデュルの、『奇跡の聖餐・伝説の三シーン』のステンドグラス(1870年)」・wikipedia-photo、塔とファサード・wikipedia-photo、夜の大聖堂・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、大聖堂の礼拝堂・wikipedia-photo、大聖堂のオルガン・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo、インテリアの像・wikipedia-photo、「彫刻家Hendrik Frans Verbruggen作・バロック様式の説教壇の詳細」・wikipedia-photo、第一次世界大戦の大英帝国記念碑・wikipedia-photo]

サン・ミッシェル大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン・ミッシェル大聖堂です。

サン・ミッシェル大聖堂身廊のストリートビューです。

サン・ミッシェル大聖堂クロッシング前のストリートビューです。

サン・ミッシェル大聖堂クロッシング南側のカメラです。

サン・ミッシェル大聖堂内陣周歩廊のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*