タッセル邸

マーカーはタッセル邸です。

タッセル邸
[「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」は、ベルギーの首都ブリュッセルにあるユネスコ世界遺産のひとつ。建築家ヴィクトル・オルタは19世紀末から20世紀初頭にアール・ヌーヴォーと建築を見事に融合させた人物で、当時ブリュッセルで活動したアール・ヌーヴォー建築家たちの中心的な存在であった。彼の手がけた邸宅は数多かったが、世界遺産に登録された4件には、彼の革新性がよくあらわれている。
タッセル邸(Hôtel Tassel ; 世界遺産 ID1005-001)は1893年から1894年に建築された邸宅で、ブリュッセルのジャンソン街6番地 (rue Paul-Emilie Janson 6) にある。ブリュッセル自由大学教授タッセルの依頼で建造されたものであり、アール・ヌーヴォーと建築の融合を成功させた最初の成功例と見なされている。  (wikipedia・建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群_(ブリュッセル)より)]

[タッセル邸(仏: L’Hôtel Tassel)は1892年から1893年にかけてヴィクトール・オルタがベルギーのブリュッセル、ポール=エミール・ジャンソン通り6番地に建築した邸宅である。オルタの初期の建築の1つ(正確には2度目の住宅現場)であり、建築にアール・ヌーヴォーを融合させた世界最初の例である。ブリュッセルで古典的な間取りを完全に打破した最初の住宅でもあったので現在でも抜きん出た作品となっている。古典的な間取りでは、玄関口は常にファサードの脇にあり長い側面廊下によって内部へと続いている。そこから一続きになった3つの部屋へ入ることができる――通り側のサロン、中央の食堂、そして庭園側のベランダである。結果として、食堂はしばしば非常に薄暗かった。階段室は廊下にあるのが一般的である。オルタは玄関口をファサードの中央に据え、必然的に廊下は家の中軸に置き、家の中央部は光井戸に捧げた。タッセル邸はまたオルタが「ポルトレ」(portrait, 人物描写)の原則を適用した最初の建物でもあった。タッセルはブリュッセル自由大学の教授であった。オルタは玄関に「応接室」を設置した。これは場合によっては書斎やクロークルームとしても使えるものであった。タッセルはまた写真と映画を愛好しており、訪問客をもてなす時にこれらを映写するのが好きだった。オルタはこれも引き受け、光井戸に面した屋内「テラス」を2階に準備した。ここに映写機を設置して、下の階にあるスクリーンに映写できるようになっていた。2000年に、タッセル邸は他の3つの建築物と共に「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」として国際連合教育科学文化機関により世界遺産に登録された。  (wikipedia・タッセル邸より)]

カメラ南南東方向がタッセル邸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*