ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会

マーカーはノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会です。

ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会 (Eglise N.-D. de la Chapelle・Kapellekerk)
[ブリュッセルの下町マロル地区にあるロマネスク建築ゴシック建築の教会。ピーテル・ブリューゲル(父)の墓があることで有名。    (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

[《 Eglise Notre-Dame de la Chapelle 》ベルギーの首都、ブリュッセルの中心部、マロル地区にある教会。何度か増改築がなされ、翼廊は13世紀、内陣は15世紀、は16世紀に建てられたものが残っている。画家、大ブリューゲルの墓があることで知られる。  (「kotobank > ノートルダムドラシャペル教会とは」より)]

[最高裁判所から600mくらい北側にある教会。13世紀に翼廊をロマネスク様式で建設、15世紀に内陣をゴシック様式で再建、尖塔は16世紀に完成した。画家、P.ブリューゲル(Pieter Brueghel)が、埋葬されている事で有名な教会。ブリューゲルの祭壇がある一角に、絵画が数点飾られている。初期ネーデルラント絵画期の、最後の巨匠と言われるブリューゲル。僕は今までよく知らなかったが、ベルギー地方がスペインの専制的支配を受け、重税に苦しめられていた時期の、庶民の暮らしを風刺を込めて描いている、一見、滑稽な感じの絵も多く見ていて飽きない、そして考えさせられる作品が多い。  (「ベルギー移住生活: ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会」より)]

Chapel Church – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会です。

ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会身廊のカメラです。

ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*