ブリュッセラ1238博物館

マーカーはカメラ位置です。

ブリュッセラ1238博物館
[グランプラスのすぐ近く、ブリュッセル証券取引所にある遺跡。1238年の創立後16世紀までフランシスコ会静修派修道会として利用された建物の跡地。建物は1695年に砲撃で損壊し、18世紀末に撤去されたが、1988年にはじめられた発掘作業によるさまざまな発見を展示。歩きやすい靴を用意のこと。開館時間:ガイドツアーのみ。    (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]
[大同盟戦争中の1695年8月13日に、当時木造だったグラン=プラスの家屋はヴィルロワ元帥に率いられたフランス軍の砲撃によって大半が破壊された。  (wikipedia・グラン=プラス_(ブリュッセル)より)]

カメラ北西方向・道路中央がブリュッセラ1238博物館のエントランスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*