ブリュッセル北駅

マーカーはブリュッセル北駅です。

ブリュッセル北駅
[ブリュッセル北駅(仏:Gare de Bruxellles-Nord/蘭:Station Brussel-Noord)は、ブリュッセルにある3つのターミナル駅(ブリュッセル中央駅ブリュッセル南駅)のうちの一つである。これらターミナル駅はブリュッセルへの鉄道での玄関口役割を担っている。プレメトロや30のバス路線(ユーロライン・バスターミナルも含む)が乗り入れており、様々な方向へ行ける。
ベルギー国鉄タリスなどの高速列車以外の優等列車や普通列車などが停車している。6面12線の地上駅。
プレメトロ – ベルギー国鉄の駅から各ホームまではそれぞれ階段やエスカレーターが連絡している。2面4線の地下駅。
沿革
1835年にヨーロッパ大陸初の鉄道が開業したアレ・ヴェルト駅の(Allée Verte / Groendreef)の代替となる駅として、1841年9月28日にレオポルド1世によって最初の礎石が置かれて起工され、建築家フランソワ・コパンにより1846年3月に落成した。1952年に北南接続線計画によって新しい駅舎が建設され、ロジエ広場に位置していた初代の駅舎は1956年に取り壊された。現在の駅舎はネオ・ルネッサンスに影響された古典主義様式である。駅構内のコンコースには鉄道博物館もあり、ベルギーの鉄道150周年を記念した大動輪なども展示されている。プレメトロの駅は路線の終点として1976年10月4日に開業した。
駅舎とホーム(2009年1月20日)・wikipedia-photo、ブリュッセル北駅構内・wikipedia-photo、列車を待つ人たち・wikipedia-photo、ブリュッセル北駅に停車中の列車・wikipedia-photo、プレメトロのホーム(2007年3月25日)・wikipedia-photo  (wikipedia・ブリュッセル北駅より)]

ベルギー鉄道博物館 (Musee des Chemins de Fer belges)
[ブリュッセル北駅にある博物館。1835年ブリュッセル~メッヘレン間開業以降の国鉄の歩みを紹介。  (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

カメラ北北東方向がブリュッセル北駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*