ミディの朝市

マーカーはバラ広場です。

ミディの朝市
[場所:ミディ・スタッシオン
ミディの朝市は、バラ広場(Place Bara)とブリュッセル南駅の周辺で毎週日曜6:00~13:00に開かれる。
フルーツや野菜、肉、魚、香辛料など、地中海色ゆたかでエキゾチックな食材が並ぶ。 最寄駅はブリュッセル南駅(Gare du Midi)    (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

[ベルギーに限らないが、日曜日には公園や広場では市が立つ。ブリュッセル南駅前でも「ミディの朝市」が立つ。朝8時にホテルを出発するが、冬は日照時間が短いので、まだ明るくなっておらず寒い。プレ・メトロでミディ駅に着いたが、駅前の広場や道路いっぱいに多数の露天商が並び、街の人たちがどんどん繰り出してきて、賑っていていた。気になる店はだいたい食べ物や食材を扱う店である。八百屋に並ぶ大量のチコリー白アスパラ、魚屋に並ぶ大西洋や北海沿岸で獲れた魚介や桶いっぱいに入ったムール貝(それも非常に格安)、肉屋にぶら下がるウサギの肉等々、ベルギー料理にかかせない食材のチェックは欠かせない。チーズ店では隣国であるフランスオランダチーズ、それに似たタイプのベルギー産のチーズなどが本当に安い値段で売られていて、羨ましい限りである。ハンバーガーショプでは、エスカルゴハンバーガーブーダンソーセージを使ったホットドックなども興味をひいた。エスカルゴを塩・コショー味で煮た物も一緒に販売されており、それをちょっと食べてみたが、思わず「ハー、辛!」。多すぎるコショーの使用量に驚いた。それに、このエスカルゴはつぶ貝みたいな感じであった。店にはHAMBURGERS-ESCARGOTSと書いてあって、エスカルゴがファーストフード店における一般的な食材となっていることにも驚いた。  (「第3回 ベルギー王国ビール探訪記(3)」より)]

カメラ位置はバラ広場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*