モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)

マーカーはモネ劇場(ベルギー王立歌劇場)です。

[Google アートプロジェクト] – 「モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)

モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)
[モネ劇場(モネげきじょう、仏:Théâtre Royal de la Monnaie (La Monnaie) 、蘭:De Koninklijke Muntschouwburg (De Muntschouwburg) )は、ベルギーブリュッセルにある歌劇場。ベルギー王立歌劇場とも呼ばれる。スペイン統治時代の1700年に開場した。歴代の音楽監督は、ジョン・プリッチャードシルヴァン・カンブルランアントニオ・パッパーノ大野和士らが務めた。2008年から現在までマーク・ウィッグルスワースが音楽監督を務めている。2012年9月よりリュドヴィク・モルロー (Ludovic Morlot) が音楽監督に就任する予定である。
主な録音には、パッパーノ指揮でベンジャミン・ブリテンの「ねじの回転」やジュール・マスネの「マノン」などがある。
付属のオーケストラは、劇場での演奏だけでなくシンフォニー・コンサートも行い、その時はモネ交響楽団(仏:Orchestre Symphonique de la Monnaie, 蘭:Symfonieorkest van de Munt)と称する。オーケストラ単独での録音には、大野指揮でグスタフ・マーラー交響曲第2番「復活」やエル・バシャ独奏でセルゲイ・プロコフィエフのピアノ協奏曲全集などがある。  (wikipedia・モネ劇場より)]

[王立モネ劇場は通称「モネ劇場」と呼ばれ、300年の歴史と名声を誇るオペラ劇場です。 1152席を有しヨーロッパ屈指の劇場の一つに数えられています。伝統を踏まえながらも、EUの首都ブリュッセルという地の利を活かしあらゆる国の文化の流れを取り入れると共に、異色の人材、高田賢三、アントワープ・モードのドリス・バン・ノッテン、クリスチャン・ラクロアなどを衣装デザインに起用、受け入れることで、オペラ界に新風を巻き起こしています。 モネ劇場では、オペラだけでなく、コンサート、ダンス、ミュージカルなどが公演され、特に1992年ローザス・ダンスカンパニーをレジデンスカンパニーとして迎え、2002年には日本人指揮者・大野和士氏を音楽監督に迎えるなど、さらなる注目を浴びております。  (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

モネ広場の市場
[モネ劇場のある広場で毎週水曜9:00~14:00に立つ。有機栽培の食品などをあつかう。 最寄りの駅は地下鉄のDe Brouckere 。  (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

モネ劇場 – Google Map 画像リンク
  
カメラ南東方向がモネ劇場(ベルギー王立歌劇場)です。

モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)エントランスのストリートビューです。

モネ劇場(ベルギー王立歌劇場)観客席のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*