小便小僧、プッシュネルケルダー

マーカーは小便小僧です。

小便小僧
[小便小僧(しょうべんこぞう)は、放尿する少年を模した像、噴水。 1619年にフラマン人彫刻家ジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)により製作された。現在設置されている像はレプリカであり、オリジナルの像は1960年代に紛失した。
近くにかがんで放尿する小便少女の像もある。
由来は諸説ある。
一つは、ブラバント公ゴドフロワ2世に関する説。1142年、当時2歳のゴドフロワ2世率いる軍は、グリムベルゲン(Grimbergen)での戦いの際、戦場の兵士を鼓舞するため、ゆりかごに幼い支配者を入れて木に吊るした。 そこから公は敵軍に向かって小便をし、味方軍を勝利に導いたという。
一つは、侵略者が城壁を爆破しようとしかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年がいたという武勇伝説。この少年の名はジュリアンJuliaanskeといい、小便小僧の愛称「ジュリアン坊や」はここに由来するといわれている。
様々な機会に、衣装が贈られることが慣習となっている。数百にも上る持ち衣装の大部分は、グラン=プラスのブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵されている。  (wikipedia・小便小僧より)]

プッシュネルケルダー (Poechenellekelder)
[ビア・カフェ    (「ブリュッセル,観光スポット,おすすめ!|ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル」より)]

小便小僧 – Google Map 画像リンク」「Poechenellekelder – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が小便小僧で、カメラ南南東方向がプッシュネルケルダーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*