コペンハーゲン大学

マーカーはコペンハーゲン大学です。

コペンハーゲン大学
[コペンハーゲン大学は、デンマークコペンハーゲンにある大学。同国で一番歴史があり、また最大規模の大学である。学生数は37,000人あまり、女性が59%を占め、教職員は7000人を越える。キャンパスはコペンハーゲン周辺に複数存在し、コペンハーゲンの中央部に最も古いキャンパスがある。大部分の授業はデンマーク語で教えられているが、英語やドイツ語での授業も増えつつある。1479年にデンマークで最初の大学として設立され、カトリック教会の神学教育の中心となったほか、法学、医学、哲学の教育機関として機能した。コペンハーゲン大学は1536年にルンドストゥディウム・ゲネラーレが閉鎖されてから1920年代後半にオーフス大学(Aarhus_University)ができるまでデンマークにおける唯一の大学だった。伯爵戦争後の宗教改革の結果、コペンハーゲン大学は1537年に福音ルター派の神学校となった。ネルソン提督率いるイギリス艦隊が1801年にコペンハーゲンを攻撃した際に、大学の施設はほとんどが破壊されたが、19世紀半ばごろまでに主だった建物は再建され、動物学・地質学博物館など多くの施設が新たに作られた。また、この期間に様々な学部の再構成も行われた。1877年にはデンマーク大学で最初の女性の学生が入学している。  (wikipedia・コペンハーゲン大学より)]

[フリュー・プラッド(Frue Plads)の本館のポーチは、古代からインスピレーションを得ています。たとえば、ポーチの後ろの壁に見ることができます。そこには、人を創造し、火を与え、罰せられ、最終的に解放されたプロメーテウスの物語を扱ういくつかのモチーフがあります。また、アテネの誕生が描かれているため、科学の誕生が描かれています。 最後に、ポセイドーンアテネの戦いがポーチの右壁に描かれています。
ポーチはコリント式の柱、つまり壁に建てられた柱で飾られており、その上には神話の生物やさまざまな動物やモチーフがあります。
アテナアポロンのポーチにある2つの彫像は、明らかに古代からのインスピレーションです。これらはそれぞれ科学、アテナ、および芸術、アポロンを表しています。アテネの象徴と大学ホールでのアポロンの場所は、有名な画像であるアテネ学校でも見ることができます。ここでは、アポロンとアテネもそれぞれ左右に配置されています。
コペンハーゲン大学は、古代に存在した民主主義の形で人々に探しものを与え、古代に触発されたポーチにはギリシャの神々が飾られています。古代のこれらのシンボルは、人々の間にあった自由な精神を示しています。
Frue Pladsの本館のポーチ・wikipedia-photo]

コペンハーゲン大学 – Google Map 画像リンク」「University of Copenhagen Student Centre – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がコペンハーゲン大学フリュー・プラッド(Frue Plads)の本館です。

コペンハーゲン大学ポーチのストリートビューです。

コペンハーゲン大学Frue Pladsホールのストリートビューです。

コペンハーゲン大学Frue Pladsホール・タペストリーの間のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*