ラウンド・タワー(円塔)

マーカーはラウンド・タワー(円塔)です。

ラウンド・タワー(円塔)(Rundetaarn)
[かつてステラブルギス・ハフニエンス(Stellaburgis Hafniens)であったラウンドタワー(デンマーク語:Rundetårn)は、デンマークのコペンハーゲン中心部にある17世紀の塔で、天文台として建設されたデンマークのクリスチャン4世の多くの建築プロジェクトの1つです。乗馬の階段、地上34.8メートルの最上部のプラットホームに続く7.5ターンのらせん状の回廊、そしてコペンハーゲン上空からの広大な眺めが最も有名です。
タワーはトリニタティスコンプレックスの一部であり、当時の学者に大学の礼拝堂、トリニタティス教会(Trinitatis Church)、および1482年に設立されたコペンハーゲン大学図書館の最初の施設である学術図書館を提供しました。現在、ラウンドタワーは、コペンハーゲンの景色を望む展望塔、公共天文台、歴史的記念碑として機能しています。教会の上の図書館ホールは、塔の傾斜路に沿ってのみアクセス可能で、展示会やコンサートの会場です。
17世紀のヨーロッパでは、天文学の重要性が高まりました。国は植民地を確立するために互いに競合し始めており、海を渡る正確な航行の必要性を生み出しました。そのため、オランダライデンに1632年に最初の国立天文台が設立されました。わずか5年後、最初にSTELLÆBURGIREGII HAUNIENSISと呼ばれるラウンドタワー展望台が続きます
ティコ・ブラーエ(Tycho Brahe)がクリスチャン4世の支持を失い、クリスチャン・ロンゴモンタヌス(Christian Longomontanus)はクリスチャン4世の新しい天文学者になり、コペンハーゲン大学の天文学の最初の教授になりました。1625年に彼は、天文塔を建設することを提案しました。ロンゴモンタヌスの最初の提案は、現在のヴァルビー・バッケ(Valby Bakke)として知られるソルブジェルゲット(Solbjerget)の丘の上に新しい展望台を建てることでした。しかし、新しい学生の教会と大学の図書館の建設も計画されていたため、3つの建物を1つの壮大な複合施設に統合するというアイデアが浮上しました。
すでに1622年、クリスチャン4世が土地を購入し、最終的にトリニタティスコンプレックスを建設することが決定されました。
1636年11月24日から、最初に都市の城壁から、その後ロスキレ周辺から石が財団の敷地に運ばれました。地元の製造業者が要求された高い品質基準を満たすことができなかったため、レンガはオランダから注文されました。1637年2月、エムデンのヘンリック・ヴァン・ディンクレイジ(Henrik van Dinklage)と建設用レンガの供給に関する契約が締結されました。最初の3隻は5月に、次の3隻は翌月に、残りは要求に応じて配送されます。
トリニタティスコンプレックスは、狭い通りや路地の混雑した近所に建設される予定でした。最初にエリアを整地にする必要がありました。1637年4月18日、ブレマーホルム(Bremerholm)の200人の男性、兵士、および職員が、敷地内にある木骨造りの家を破壊し始めました。
基礎石は1637年7月7日に敷かれました。1639年8月6日にハンス・ヴァン・スティーンビンケル(Hans van Steenwinckel)が亡くなったとき、レオンハルト・ブラシウス(Leonhard Blasius)はオランダからデンマークに新しい王室建築マスターとして連れてこられました。彼の前任者とは異なり、彼はデンマーク建築の単なる過渡的な人物になり、彼自身のデザインの顕著な建物を残さずに国に到着してからわずか4年で死にます。いくつかの場合、資金不足のため建設工事が行き詰まりました。そのため、デンマークとノルウェーの教会は、建設中に収入の一部を寄付するよう命じられました。教会は1657年に、図書館は1657年に完成しましたが、1642年にタワーが最終的に完成しました。
クリスチャン・ロンゴモンタヌス(Christian Longomontanus)が天文台の最初の監督になりました。 1728年の大火で、トリニタティスコンプレックスはひどく損傷を受けましたが、再建されました。
19世紀初頭、ラウンドタワーは天文台として時代遅れになりました。計器はさらに大きくなりましたが、塔を拡張することはできませんでしたが、同時に、周囲の都市からの光害と下の道路の増え続ける交通によって引き起こされた振動により、観測が不正確になりました。そのため、大学は、旧式の要塞化された都市の要塞の上にØstervold天文台を建設することを決定しました。新しい天文台は、クリスチャン・ハンセン(Christian Hansen)の設計により1861年に発足しました。
顕著な登頂
●1716年、ロシア皇帝ピョートル大帝はコペンハーゲンを訪れながら馬に乗って階段を上りました。 伝えられるところによれば、彼の妻、エカチェリーナ1世は馬車で彼の後ろについて上った。
●1902年、ビューフォート(Beaufort)車はこのラウンドタワーに登った最初の電動車両でした。
●ラウンドタワーのメダルコレクションのメダルは、タワーで開催された最初の自転車レースが1888年に開催された可能性があることを示しています。
●1911年、新聞Sozialdemokratenは、ラウンドタワーで自転車レースを手配しました。
●1971年、オレ・リッター(Ole Ritter)は、55.3秒でラウンド・タワーでレイフ・モーテンセン(Leif Mortensen)との自転車レースに勝利しました。
●1993年、ヘンリック・ジェルニス(Henrik Djernis)は50.05秒でイェンス・ベガービー(Jens Veggerby)との自転車レースで優勝しました。
●1989年、トーマス・オルセン(Thomas Olsen)は1分48.7秒で一輪車でラウンドタワーを昇降しました。これは世界記録です。
建築
ラウンドタワーは、オルデンブルクの色である黄色と赤のレンガが交互に積み込まれた円筒形のタワーです。使用されるレンガはオランダで製造されたもので、マフラーまたはモッパーとして知られる焼けた細いタイプのものです。裏側では、三位一体教会に取り付けられていますが、教会の塔として機能したことはありません。
スパイラルランプ(らせん状の傾斜路)
階段の代わりに、7.5ターンのらせん状の傾斜路が、塔の上の展望台と、教会の上にある図書館ホールとベルリンガーズロフトへの唯一のアクセス方法を形成しています。ランプは塔の中空の石積みコアの周りを7.5回曲がり、最上部の展望デッキと展望台に到達し、途中で図書館ホールとリンガーのロフトにもアクセスできます。この設計は、馬と馬車が図書館に行き、本を図書館に出し入れすることや、重くて敏感な楽器を展望台に運ぶことができるように選ばれました。曲がりくねった通路の長さは210 mで、1ターンあたり3.74 m登ります。外壁に沿った回廊の長さは257.5 m、勾配は10%であり、内核の壁に沿った回廊の長さはわずか85.5 mですが、勾配は33%です。
展望台
展望台は、通りの高さ34.8 mにあります。 展望デッキの端に沿って、1643年に金属細工の宮廷画家、カスパー・フィンケ(Kaspar Fincke)によって作られた錬鉄製の格子が走っています。格子には、クリスチャン4世のモノグラムとRFPの文字が見られます。この文字は、王のモットーを表しています。
天文台
展望台は、塔の屋根の上に建てられた小さなドーム型の建物です。 1929年に建てられた現在の天文台は、高さ7 m、直径6 mです。アクセスは、展望デッキからの細い曲がりくねった石の階段で行います。
問題の碑文
塔の正面の上部には、金色のリバス碑文があります。 クリスチャン4世自身の手書きで書かれた草案は、デンマーク国立公文書館に保管されています。リバス碑文には、テトラグラマトン(神の名を表わす「神聖四文字」・エホバ)の4つのヘブライ語の子音が含まれています。リバス碑文は次のように解釈することができます:神、正しい教え、正義を戴冠した王クリスチャン4世、1642年の中心に導きます。
トイレ
塔には、研究者や天文学者が使用するトイレがあり、塔のほぼ最上部にある座席と、中空のコアに組み込まれた最下層まで続くシャフトで構成されています。このシャフトには、空にすることも外部に換気することもないため、間違いなく世界最大かつ最古の浄化槽の1つになっています。
現在のラウンドタワー
現在、ラウンドタワーは展望台、天文台、展示会、コンサート会場、歴史的記念碑として機能しています。
1860年にコペンハーゲン大学はラウンドタワーを大学の展望台として廃止しましたが、1928年にはアマチュア天文学者や一般の人々がアクセスできる展望台として再建されました。10月中旬から3月中旬まで営業しています。
1987年以来、三位一体教会の上にある図書館ホールは、芸術、文化、歴史、科学のさまざまな展示を特徴とする展示スペースとして機能しています。同時に、毎年約100のコンサートを開催するコンサート会場として使用されています。
毎年春には、ラウンドタワーで一輪車のレースが開催されます。競技者はタワーを上下に移動する必要があります。1988年に設定された世界記録は1分48.7秒です。
ラウンドタワー・wikipedia-photowikipedia-photo、1748年のラウンドタワー立面図・wikipedia-photowikipedia-photo、ラウンドタワーの碑文・wikipedia-photo、碑文詳細・wikipedia-photo、スパイラル傾斜の内部ビュー・wikipedia-photo、図書館ホール・wikipedia-photo]

ラウンド タワー – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がラウンド・タワー(円塔)です。

カメラ北東方向がラウンド・タワー(円塔)入口です。

らせん状のランプ(傾斜路)

ラウンド・タワー(円塔)展望台のストリートビューです。

天文台の内部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*