旧証券取引所

マーカーは旧証券取引所です。

旧証券取引所(Børsen)
[空を射るようにそびえるねじれた尖塔が特徴的。クリスチャン4世(在位:1588年 – 1648年)の命により1640年に完成した建造物で、オランダルネッサンス建築の傑作のひとつと評されています。現在はオフィス・ビルに使用されているため内部の見学はできません。  (「デンマーク旅行情報 – コペンハーゲン – 旧証券取引所 Børsen」より)]

[Børsen(ボルセン “The Exchange”のデンマーク語)、別名Børsbygningen(英語では “The(Stock)Exchange building”)は、コペンハーゲンの中心にある17世紀の証券取引所です。歴史的な建物は、スロッツホルメン(Slotsholmen)島のデンマーク議会の所在地であるクリスチャンスボー宮殿の隣にあります。人気の観光スポットです。 ボルセンは、4つのドラゴンの尾が絡み合って高さが56メートルに達するような形をした独特の尖塔で最も有名です。
1619〜1640年にクリスチャン4世の統治下に建てられたこの建物は、デンマークのオランダルネサンス様式の代表的な例と考えられています。保存目的の保護された建物です。
Børsenは、北欧の貿易と商業の中心地としてのコペンハーゲンの役割を強化する計画の一環として、クリスチャン4世によって計画されました。場所はコペンハーゲンをアマー島(Amager)沖の埋め立て地に計画されていた新しいマーケットタウンであるクリスチャンハウン(Christianshavn)に接続する堤防の北側にある場所です。王は新しい建物の設計をローレンツ・ファン・スティーンビンケル(Lorenz van Steenwinckel)に命じましたが、スティーンビンケルはその後間もなく亡くなりました。設計は彼の兄弟、ハンス・ヴァン・スティーンウィンケル(Hans van Steenwinckel)に引き継がれました。
堤防がまだ安定していないため、最初にサイトを準備する必要がありました。建物の建設は1620年に始まり、尖塔(1625年に設置)と東切妻の詳細(1640年に完成)を除いて、1624年にほぼ完成しました。建物には、1階に40の取引所と、2階に1つの大きな部屋がありました。この建物は1620年代後半に市場として使用されていました。
1647年、クリスチャン4世は5万デンマーク・リグダラー(Danish rigsdaler)で建物を商人ジェイコブ・マドセン(Jacob Madsen)に売却しました。デンマーク王フレデリック3世(在位:1648年 – 1670年)は後にマドセンの未亡人から建物を再取得しました。
1857年、デンマーク王フレデリック7世(在位:1848年 – 1863年)はこの建物をグロッセラー・ソシエテテット(Grosserer-Societetet)に70,000リグダラーで売却しました。
建物は1745年にニコライ・エイトヴェド(Nicolai Eigtved)によって復元され、1855年に内部で改装されました。1974年までデンマークの株式市場を収容していました。1918年、失業者のアナキストはボルセンを攻撃しました。これはデンマークの歴史書に「ストームン・パ・ボルセン」(証券取引所の嵐)と呼ばれる攻撃でした。
旧証券取引所・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、「HGF Holmが描いたBørsen 、c。 1823」・wikipedia-photo、前景にホイブロ橋を見たボルセン・wikipedia-photo]

Christian IV’s gamle børssal – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が旧証券取引所(Børsen)です。

カメラ南南東方向が旧証券取引所(Børsen)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*