アキテーヌ博物館

マーカーはアキテーヌ博物館です。

アキテーヌ博物館(Musée d’Aquitaine)
[内陸部のレ・ゼジー(Les Eyzies)やラスコー(Lascaux)の先史時代の遺跡をはじめ、アキテーヌ地方には歴史的に重要な遺跡がたくさんあり、遺物も多く出土しています。この博物館はアキテーヌ地方の先史時代から現代までを、歴史、考古学、民俗学の観点から紹介し、70万点にのぼる所蔵コレクションは、充実した内容を誇っています。
 展示は先史時代から始まります。旧石器時代から青銅器時代までの発掘品が展示され、人類の営みが時代を追って説明されています。この美術館の最古の所蔵品は紀元前2万5000年から2万年と推定される≪角を持ったヴィーナス≫。石灰石に豊潤な女神が彫られており、素朴ながら味わい深い作品です。芸術性の高さから<先史時代のシスティーナ礼拝堂>と呼ばれたラスコーの壁画の部分復元もあり、いにしえの人々の自然に対する鋭い観察眼に驚かされます。
 次はガリア=ローマ時代の展示ですが、出土品の多くは18世紀にボルドーの都市計画の工事中に見つかったものです。これを機にボルドーの考古学熱が高まり、一層の研究が進みました。この美術館の見どころのひとつである青銅のヘラクレスはほぼ等身大で、差し出した右手やまなざしがとてもリアルに表現されています。
 中世は、この地方が英国領となったりフランス領に戻ったりと波乱の時代でもありました。教会建立が続き、宗教芸術が盛んとなった時代で、博物館の展示にも柱頭やゴシック様式バラ窓の枠などが見られます。
この博物館において、アキテーヌの近代は再びフランスの領地となった15世紀から始まります。ルネサンス期の16世紀、『随想録(エセー)』(Essais)を発表したボルドー出身の人文主義者、モンテーニュ(Michel de Montaigne)の墓碑が残っています。18世紀にはボルドーの大航海時代が始まり、植民地との中継貿易で都市は潤います。その当時の活気ある様子も展示室に再現されています。またこの時期ボルドーは奴隷貿易の本拠地のひとつでした。今年から奴隷貿易とその廃止についての展示コーナーが設けられ、歴史の影の部分にも光を当てる試みがなされています。
 その後、18世紀の革命期、19世紀、20世紀の情勢、市民生活の様子なども紹介されています。  (「アキテーヌ地方博物館 – MMM – メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド」より)]

アキテーヌ博物館ホームページ

アキテーヌ地方博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がアキテーヌ博物館です。

アキテーヌ博物館エントランスホールのストリートビューです。

カメラ西方向にバラ窓の枠があります。