カイハウ門

マーカーはカイハウ門です。

カイハウ門(Porte Cailhau)
[カイハウ門または宮殿の門は、フランスジロンド県ボルドー市の門です。防御的な門と凱旋門の両方の役割を果たしました(王のイメージを持つニッチの存在)。 1883年5月28日以来、歴史的建造物として分類されています。
カイハウ門は、川沿いのパレ広場(Place du Palais)にあり、港から街への主要な入り口でした。ギュイエンヌ公の邸宅であったオンブリエール宮殿(Palais de l’Ombrière)、1462年からはボルドー議会の議事堂にアクセスできました。
当時、係船岸壁は存在しませんでした。 河岸は川に向かって穏やかに下り、川に停泊している船への行き来は小舟でした。塔の名前は小石(ガスコンのカルハウ(calhau en gascon))を意味します。 それは、緩やかに傾斜した川の石で最初に舗装された岸辺に与えられました。

元の門は14世紀の城壁にありました。 1493年から1496年の間にガロンヌ川の近くに建てられた現在の門に置き換えられました。偶然にも、1495年、建設の終わりにイタリア戦争のフォルノボの戦い(Bataille de Fornoue)でフランス王シャルル8世(在位:1483年 – 1498年)が勝利しました。この勝利を記念して、オンブリエール宮殿の反対側にある王室の入り口を形成するドアはシャルル8世の宮廷に献呈され、エスピネイ(Espinay)枢機卿と洗礼者ヨハネが地球を持つ白い大理石の像で飾られています。(大理石の像は1793年にフランス革命によって粉砕されたこの像は、1880年に石のコピーに置き換えられました。)その後、特に建築家チャールズ・ダーダン(Charles Dardan)が1753〜1754年に港を拡大したことにより、建物はかなり変更されました。 しかし、1880年から1890年にかけて、建築物のチャールズ・デュランド(Charles Durand)が修復し、隣接する建物からそれを引き離しました。
さらに最近では、記念碑も1960年に修復されました。門の近くに位置し、2010年に実施されたパレ広場(Place du Palais)の改修は、記念碑を際立たせて、 観光客向けに定期的に公開されています。
川側から見たカイハウ門・wikipedia-photo、「1830年のポルト・カイハウ(トーマス・アロム(Thomas Allom)画)」・wikipedia-photo、川から見たポルトカイハウ(Aimé-Henry-EdmondBassompierre-Sewrin(1809-1896)による印刷)・wikipedia-photo]

Cailhau Gate Bordeaux – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がカイハウ門です。

カメラ東北東方向がカイハウ門です。