カピュサン市場

マーカーはカピュサン市場です。

カピュサン市場(marche de Capucins)
[ボルドーで最も大きいマルシェ、カプサン市場(Marché des Capucins)の中央通りにマルシェスタンドを構える野菜農家のアントニオ・マルティネズ(Antonio Martinez)は毎週金曜日から日曜日までジロンド県(Gironde)にあるラ・レオル(La Réole)の近くで栽培している野菜を販売しています。彼のスタンドでは、形が少しだけ歪んだ甘い人参や大きなバターナッツ、束で販売されているネギ、ほうれん草、ブレット(不断草)、エシャロット等、様々な料理に使用できる新鮮な野菜を見ることができます。
アントニオ・マルティネズの農園で野菜を収穫している従業員もカプサン市場では野菜の販売員として働いています。農地で育てている野菜の責任者ミカエル・ベラミ(Mickaël Bellamy)は「アントニオ・マルティネズと共に働いている社員は4人」と述べています。カプサン市場で彼らの野菜を販売することになった経緯については次のように説明しています。
「市場で働いていた友人がマルシェスタンドに空きが出ると言っていたので試しに育てた野菜を販売してみたのがきっかけです。気づけば12年以上この場所で野菜を販売しています」
また、毎朝1時間かけて野菜を他の市場ではなく、カプサン市場でのみ販売している理由について「市場の人々が気さくで親しみやすいところ、市場の雰囲気」と語っています。ミカエル・ベラミはカプサン市場にいる自営業者や生産者だけでなく精肉店、鮮魚店、チーズ専門店、青果店で働く人、皆知っています。  (「地域野菜を取り扱うボルドーで最も大きいマルシェ」より)]

【週末トラベル】ボルドーのマルシェ、カピュサン市場を散策・・・Marche des ..

Marché des Capucins – Google Map 画像リンク」「Chez Jean Mi – Google Map 画像リンク」「Bistrot à huitres: “Chez Jean-Mi” – Google Map 画像リンク」「l’Elliniko – Google Map 画像リンク」「La Maison du Pata Negra – Google Map 画像リンク」「Tortill’art – Google Map 画像リンク」「Bistro Poulette – Google Map 画像リンク」「Friandélices – Fruits secs, olives, épices – Google Map 画像リンク」「Marché des Capucins – Google Map 画像リンク」

カメラ北方向がカピュサン市場です。

カメラ西南西方向がカピュサン市場です。

カピュサン市場内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*