サン・スラン大寺院

マーカーはサン・スラン大寺院です。

サン・スラン大寺院(Basilique Saint-Seurin de Bordeaux)
[サン・スラン大寺院は、11世紀初頭にボルドーに建設されたキリスト教会です。1840年のリストで歴史的建造物として分類された後、1998年から「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としてユネスコ世界遺産に登録されました。サン・スラン大寺院は、4世紀からキリスト教の埋葬のシンボルを見つけることができる古代のネクロポリスに建てられました。フラビヌスの碑文は、紀元前365年から385年の石棺に彫り込まれ、キリスト教の象徴としてボルドーにキリスト教が存在したことを証します。大聖堂の建設場所の起源をたどるこの碑文は、1909年のサン・スランのネクロポリスの発掘中に抽出されました。現在、ボルドーのアキテーヌ博物館で展示されています。
市の4番目の司教とボルドーの守護聖人(Saint Seurin)にちなんで名付けられたサン・スラン修道院は、4世紀にその起源を見出しました。
東方で生まれた元の名がセベリヌス(Severinus)だった聖スーリン(Severinus of Bordeaux)は、4世紀にボルドーに到着し、将来の聖アマンド(Saint Amand)司教アマンド(Amand de Bordeaux)に会いました。グレゴワール・ド・トゥール(Grégoire de Tours)は彼の作品で物語を語っています。「グロリア会議で:アマンドス司教はボルドー教会を統治し、夜、夢の中で、彼に言った主はこう言います。 使用人セベリヌス…-そして今、セベリヌスは彼に会いに来ました。それから近づいて、彼らはお互いの名前で挨拶し、お互いの腕に抱き合って、祈りをした後、キスした後、詩篇を大声で歌って教会に入った。 」これがセヴェリヌスがボルドーの司教になった方法です。
6世紀に、ボルドーの大司教が物語を依頼しました。聖スーリンの生涯から、ボルドーへの彼の到着は天使の呼び出しによるものだった。
この伝説のおかげで、大聖堂は大いに有名になりました。 建物に取り付けられた規範は、都市の新しい司教ごとに即位の儀式の中で大きな特権を得ました。
バシリカ周辺の他の伝説の1つは、ローランド(Roland)の角笛、シャルルマーニュ(ローマ皇帝カール大帝・在位:800年 – 814年)の甥でブルターニュ辺境伯ローランロンスヴォーの戦いにおいて壮絶な戦いの後戦死する、勇敢な騎士の遺体を持ち帰った皇帝によって聖スーリン大聖堂の祭壇に置かれました。中世のサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の主要な巡礼地で、巡礼者は、この遺物を参詣するために聖スーリンのそばを通ります。
教会の基礎を取り巻く伝説に関連付けしなくても、5世紀中頃に最初の宗教的な建物が存在することが証明されています。おそらく礼拝堂だったでしょう。 9世紀には、ノルマン人の侵略により姿を消しました。
11世紀初頭、大聖堂は大規模な再建を実施することを決定しました。それは、バシリカ計画によって特徴付けられる、一体化されたロマネスク様式の教会の形をとっています。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の巡礼者が非常に頻繁に訪れ、聖職者は聖遺物を見えるようにするためにクワイヤと地下室を上げることを進めました。この時期、大聖堂はボルドー郡、特にアキテーヌ公爵に対する権力への叙任式を捧げる場所でした。
11世紀と13世紀の間に、身廊クワイヤが建設されました。 13世紀には、司祭はルネッサンス様式の鐘楼が上にある南門の建設を依頼しました。また、ネクロポリスへのアクセスを可能にする記念碑的な入り口を建設しました。2つのブラインドアーチに挟まれた大きなベイのあるゴシック建築の様式の具体化、この入り口には、12人の使徒を表す14の彫像と、教会と礼拝堂を象徴する2つの女性像が飾られています。メインのティンパヌムには、復活と最後の審判の場面が飾られています。それを取り巻く他の2つのティンパヌムは、左が聖なる女性の墓参り、右が聖アマンドが夢見た聖スーリンの到着を表しています。それを収容する5面のポーチは後で造られる。
14世紀と15世紀には、いくつかの礼拝堂が建設されました。 その中でも、聖母に捧げられたバラの聖母の礼拝堂には、1444年にペイバーランド(Pey Berland)大司教によって奉献された祭壇があります。これは、15世紀のノルマンディーおよびイギリスゴシック建築に似た華やかなゴシック様式の特徴です。
1566年と1698年に2回、教会の金庫の一部が崩壊し、大きな被害をもたらしました。 18世紀の初めに、建築家のジャン・バプティスト・オージェ(Jean-Baptiste Augier)が再建を担当しました。そして、石の梁を持っている柱によってそれらを統合します。この修理中、ジャン=バプティスト・オージェは、かなりの床上げ(約3メートル)のため、教会の床の埋め戻しを命じました。これらの重要な変容は、地下室と11世紀の西ポーチの床の主要な構造の改変を引き起こします。
サン・スラン大寺院はフランス革命中のキリスト教に対する徹底的な弾圧は免れたものの、19世紀はそれにとって大きな変化の世紀を迎えました。
1820年代の終わりに、建物の西側のファサードは、サン・スラン改築評議会の決定により復元されました。これを行うために、教会はネオロマネスク様式のファサードを作成した建築家ピエール・アレクサンドル・ポワトヴィン(Pierre-Alexandre Poitevin・1782-1852)を呼びました。 ポーチポータルの建設は、ロマネスク様式のポーチを覆います。
彫刻家であるドミニク・フォルトゥネ・マグゲシ(Dominique Fortuné Maggesi・1801-1892)は、イタリアカララ出身の芸術家で、ボルドーの偉大な彫刻家です。入り口は、聖スーリンと聖アマンドの彫像で飾られ、その対談の様子はティンパヌムに表されています。上階の手すりに、彼は聖ヨハネ聖ペトロの二つの彫像を彫刻します。
1840年、ボルドーのサン・スラン大寺院は歴史的建造物に登録されました。この分類に従って、クワイヤは完全に再構築され、新しい大理石の祭壇が作られます。 歩廊が開かれ、セント・フォート(Saint Fort)とサクレ・クール(Sacré-Cœur)専用のチャペルが北下側に作成されます。ガラス芸術家ジョセフ・ヴィリエ(Joseph Villiet)は、聖書の場面だけでなく、大聖堂を取り巻く歴史と伝説を示す身廊のステンドグラスの窓を作製しました。
クリプト
地下室の起源は、5世紀に建てられた最初の建物です。 最初の建物は、最初の神聖な司教たちの遺体を収容することになっていた大理石の石棺によって証明されているように、葬儀の聖堂として使用されています。
1635年は、石棺とセント・フォート(Saint Fort)の慰霊碑を収容することを目的とした3つの墓石地の作成を可能にするために、カロリング朝後陣の除去による葬祭聖堂の変化を示しています。 この最後の殉教者は、ボルドーの最初の司教と見なされてる伝説上の人物で、当時、最近まで続いていた、人々の崇拝の対象でした。5月16日に祝われる殉教者で、母親は子どもたちを「より強く」と願って聖フォートの埋葬地に連れていきました。
考古学的な地下室は、ボルドーで最も古いものの1つとしての大きな遺産です。伝説によれば、サン・スラン大寺院のネクロポリスは、キリストと7人の聖司教によって奉献されたとされています。まだ別な伝説によると、それはロンスヴォーの戦いで死んだ勇敢な人ローランを埋葬しているとされます。
1909年から1910年にかけて、ポール・クルトー(Paul Courteault)によって教会の南で発掘調査が行われました。それらは、4世紀から13世紀にさかのぼる埋葬を重ね合わせたこのネクロポリスの一部を発見することを可能にしました。1950年代の終わり、1964年から1969年の間に、レイモンド・デュル(Raymond Duru)は1980年代に地下室を一般に公開する新しい発掘調査を指揮しています。

1850年のサン・スラン大寺院縦断面図

Martyrs de la Résistance広場からの大寺院の眺め・wikipedia-photo、「サン・スラン大寺院のファサード」・wikipedia-photo]

Basilica of Saint Severinus of Bordeaux – Google Map 画像リンク」「Fouilles Saint-Seurin – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサン・スラン大寺院ファサードです。

Martyrs de la Résistance広場の360citiesです。

サン・スラン大寺院身廊のカメラです。

サン・スラン大寺院祭壇前のカメラです。

礼拝堂祭壇前の360citiesです。