サン=ミシェル大聖堂

マーカーはサン=ミシェル大聖堂です。

サン=ミシェル大聖堂(Basilique Saint-Michel de Bordeaux)
[サン=ミシェル大聖堂 (Basilique Saint-Michel) は、15世紀末から16世紀に建てられたゴシック様式バシリカ式教会堂である。説教壇はドラゴンを打ち倒す大天使ミカエルを表している。教会のステンドグラスは1940年の爆撃で破壊された。
孤立した鐘楼は114mの高さで、15世紀に建てられたものである。1881年には塔の下からガロ=ローマン期の墓地やカタコンベが発見された。
これも「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として、1998年に世界遺産に登録されている。  (wikipedia・月の港ボルドーより)]

[サン=ミシェル大聖堂は、フランス南西部のボルドー市の主要なカトリック礼拝堂の1つです。14世紀から16世紀に建てられた、華やかなゴシック様式の特徴です。教会は、その名前が置かれている地域にその名前を付けました。
大聖堂は、サン=タンドレ大聖堂と同じく、聖域や鐘楼から独立した鐘楼を持つという特色を共有しています。114メートルの高さがあり、南フランスで最も高く、ストラスブール大聖堂の尖塔に次いでフランスで2番目の高さです。その基礎には納骨堂として長い間使用されていた地下室があり、19世紀に古い教区墓地であるメイナード広場(Place Meynard)の建設中に発掘された「ミイラ」の展示スペースとして使用されました。
1846年に歴史的建造物としてリストされたサン=ミシェル大聖堂は、1903年に小聖堂になりましたが、1998年からフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路でユネスコの世界遺産に登録されています。
現在の建物は、「壁の外側」にある古い教会、つまり市壁の外側にあります。古代の聖域を含む3番目の都市の城壁の建設は、14世紀の地区の発展に貢献しました。後者は、商人や職人の領域です。たとえば、「大工」または「たる製造人」などです。
新しい教会の建設は、フランス王ルイ11世(在位:1461年 – 1483年)から、元はサントの建築家ジャン・レバス(Jean Lebas)に委ねられました。
1466年、教会にカノンの大学が設置され、現在も稼働中です。 後者は、特にサン・ジャック礼拝堂(chapelle Saint-Jacques)で証明されているように、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の重要な回路になります。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路への同胞団と組織は、16世紀まで完成しなかった建設の進捗への寄付によって貢献しました。
建物は1759年8月10日にボルドーを襲った地震の影響を受けました。避雷針がなかったため、雷に何度も襲われ、鐘楼の尖塔は1768年9月にハリケーンによって破壊され、その高さは「わずか」99メートルにまで減少しました。1755年に修復プロジェクトが実施されましたが、追跡調査は行われませんでした。
1769年1月、教会の建築担当は鐘楼建設を、新しい市庁舎の建設を委託されることを期待してボルドーに来ていた、ジュール・アルドゥアン・マンサール(Jules Hardouin-Mansart)の孫である、建築家ジャック・アルドゥアン・マンサール・ド・サゴンヌ(Jacques Hardouin-Mansart de Sagonne・1711-1778)に任せることを決定しました。 1769年1月21日付けのこのプロジェクトは、その実現に十分な資金がなかったため、停止されました。
停止された、マンサール・ド・サゴンヌのプロジェクトは、1811年に教区が建築家ルイ・コムズ(Louis Combes)のプロジェクトを採用したときに決定的に拒否されました。しかし、尖塔の再建は、パリのサクレ・クール寺院の建築家であるポールアバディ(Paul Abadie)がゴシック様式の建物で仕事を始めた1860年まで待ち越されました。鐘楼は1869年に完成しました。
鐘楼の外観は以前は打ち捨てられていました。19世紀の初めに、鐘楼に腕木通信を設置します。ヴィクトル・ユーゴーは1843年にボルドーに渡った際、鐘楼について、次のように記述しています。『塔は、8つの側面と8つのピニオン(Pignon)を備えたブロックで冠をかぶっていますが、粗く、上部が切り取られています。彼女は斬首され、死んでいると感じています。風と日は、大きな骨を貫通するように、窓やマリオンのない長い弾頭を通過します。もはや鐘楼ではありません。鐘楼の骨組みです。』(1853年頃に斬首された鐘楼のあるバシリカ・wikipedia-photo)
1791年に、総裁政府の担当者は、現在のメイナード広場を囲む古い教区墓地の除去を命じました。遺骨は鐘楼の下にある地下室に積み上げられ、土で覆われました。これらの作業の中で、数十個のミイラ化した死体、その中の「聖ミカエルのミイラ(Momies de Saint-Michel)」とされるものが発見されました。後者は地下室に置かれ、1979年まで訪問者に開放され、その後シャルトルーズ墓地に埋葬されました。
1903年4月1日、教皇のブリーフ(Bref apostolique)により、聖ミカエルの教区教会は小聖堂になりました。
1940年6月21日、大聖堂が爆撃され、その衝撃によりステンドグラス窓の一部が破損し、アーティストのマックス・イングランド(Max Ingrand)によるモダニズムの天蓋に置き換えられ、外来礼拝堂はジャン・アンリ・クトゥラ(Jean-Henri Couturat)によるステンドグラス窓に置き換えられました。
長さ75メートル、幅38メートルのバシリカは、ボルドーで最大の礼拝所の1つです。
サン=ミシェル大聖堂と鐘楼外観・wikipedia-photo、鐘楼のある黄昏の外観・wikipedia-photo、バシリカ外観・wikipedia-photo、大聖堂のバラ窓・wikipedia-photo、大聖堂の身廊・wikipedia-photo、クワイヤのモダンなステンドグラス・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo、サンジャック礼拝堂の祭壇画・wikipedia-photo、ミイラ・wikipedia-photowikipedia-photo]

サン=ミシェル大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサン=ミシェル大聖堂で、左の塔がサン・ミッシェルの尖塔(Clocher Saint-Michel)です。

サン・ミッシェルの尖塔(Clocher Saint-Michel)前のカメラです。

サン=ミシェル大聖堂正面ゲート前のカメラです。

サン=ミシェル大聖堂拝廊のカメラで、カメラ西方向扉上にオルガンがあります。

サン=ミシェル大聖堂身廊のカメラです。

サン=ミシェル大聖堂祭壇前のカメラです。

サン=ミシェル大聖堂内の360citiesです。

サン=ミシェル大聖堂礼拝堂の360citiesです。

サンジャック礼拝堂の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*