ボルドー装飾芸術美術館

マーカーはサン・スラン大寺院です。

ボルドー装飾芸術美術館
[装飾芸術美術館はブファール通りという骨董街に佇むミュゼです。
18世紀、ワインの取引で富を築いたボルドーは、フランス随一の港町として繁栄を謳歌しました。多くの貴族や上流階級の市民たちが財を成しましたが、当時の町議会議員のピエール・レイモン・ラランドもそのひとり。さとうきびやコーヒーのプランテーションで富を蓄えた彼はその財力を注ぎ、のちに装飾美術館となる優美な屋敷を建てさせたのです。
ボルドーの建築家エティエンヌ・ラクロット(1728-1812)の設計に基づき、1779年に完成したラランドの私邸は、18世紀フランスらしい古典主義建築の特徴が随所に見られる邸宅です。簡素な美を湛えた白亜の館は「entre cour et jardin(中庭と外庭の間)」と呼ばれる場所に建ち、その手前には、豪華な幌付きの四輪馬車でもたやすく操作できるようにという配慮から、半円形の石畳の中庭が広がります。左手に見えるのは、かつて馬車用の厩舎や車庫として用いられていた建物ですが、今日ではミュゼの一部となっています。この邸宅は、18世紀の建築当初の姿のままの調和のとれた美しさで訪問者を迎え入れるのです。
革命の時代を迎えると、この邸宅は押収され、19世紀にはさまざまな人の手から手へと渡ることとなりました。そして1880年、ボルドー市によって買い取られ、警察署として使われたのち、1925年に美術館、1984年にボルドー装飾芸術美術館に生まれ変わったのです。  (「ボルドー装飾芸術美術館 – MMM – メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド」より)]

Musée des Arts Décoratifs et du Design – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がボルドー装飾芸術美術館です。

ボルドー装飾芸術美術館中庭のカメラです。