ボルドー=サン=ジャン駅

マーカーはボルドー=サン=ジャン駅です。

ボルドー=サン=ジャン駅
[ボルドー=サン=ジャン駅(gare de Bordeaux-Saint-Jean)は、パリから3時間の距離にあるアキテーヌ地域圏最大の鉄道駅である。ボルドーにおいては単にサン=ジャン駅と呼ばれる。スペインアルカション湾の他、リヨントゥールーズナントニースといった街とも結ばれている。
ベルジュラックペリグーアングレームアジャンポーリブルヌラ・ロッシェルリモージュポワティエなどの街々との間では列車が頻発している。
ラ・マルヌ大通り (cours de la Marne) の端に位置する駅は、ボルドー・セギュール (Bordeaux Ségur) 駅の代替としてミディ鉄道によって1855年に建設された。19世紀末の鉄道の飛躍的発展は中央駅の建設をより大規模なものとした。工事は1889年に始まった。まず初めに到着ホールが1893年に建設され、続いて出発ホールが1897年に建設された。建物全体は1898年に完成した。
出発ホールは2階建分に建設された19世紀の広大なホールであり、巨大なガラス屋根によって照らされている。出発ホール内部にはボルドーとセットを結んだミディ鉄道の路線網が書き込まれた巨大な地図が描かれている。しかし、1980年代の駅改修工事の際、この美しい地図は、2つの空間の間に通路を作るために切断された。切断された部分はピレネー山脈の山塊と、旧ミディ鉄道の山岳路線(特に、アリエージュ県オード県)の大部分に対応する。線路の上に張り出したガラス天井は、ギュスターヴ・エッフェルによるもので、彼はまた親方として(立案者ではない)、2008年までガロンヌ川を渡るのに使用され、ガロンヌ川以北の全鉄道路線網とサン=ジャン駅を結んだエッフェル橋(passerelle Eiffel)の建設工事を指揮した。なお以後は新たな4線の橋がその役割を果たしている。
金属部分の構築はデデ・エ・ピエ (Daydé & Pillé) 社によって行われた。
駅は線路上の金属製の大屋根(トレイン・シェッド)とともに1984年12月12日に歴史的記念物として登録された。
サン=ジャン駅内部・wikipedia-photo、壁に描かれたかつてのミディ鉄道の路線図。(下の部分が隠れている)・wikipedia-photo、ボルドー=サン=ジャン駅の大屋根(トレイン・シェッド)・wikipedia-photo、ガロンヌ川側・wikipedia-photo  (wikipedia・ボルドー=サン=ジャン駅より)]

ボルドー・サンジャン駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】

ボルドー・サンジャン駅 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がボルドー=サン=ジャン駅です。

ボルドー=サン=ジャン駅口のストリートビューです。

ボルドー=サン=ジャン駅ホール1のストリートビューです。

ボルドー=サン=ジャン駅プラットホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*