ロアン宮殿(現市庁舎)

マーカーはロアン宮殿(現市庁舎)です。

ロアン宮殿(現市庁舎)
[ロアン宮殿 (palais Rohan) は、1771年から1784年に建てられたもので、大司教フェルディナン・マクシミリアン・メリアデック・ド・ロアンの要請で建てられたことからその名がある。ただし、ロアン大司教がそこに住むことはなかった。
第一帝政期にはナポレオン用の邸宅になった後、1835年に市庁舎(hôtel de ville)となり、現在に至る。改修されてはいるが、大きな正面階段やそれに続く木細工や騙し絵に飾られた大広間が、18世紀ボルドーにおける洗練された内装を伝えている。
ロアン宮殿の門の飾り・wikipedia-photo  (wikipedia・月の港ボルドーより)]

Hôtel de ville de Bordeaux – Google Map 画像リンク」「パレ・ローアン庭園 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がロアン宮殿門です。

ロアン宮殿パレ・ローアン庭園のカメラです。

カメラ位置はサン=タンドレ大聖堂広場で、カメラ西方向がロアン宮殿です。

ロアン宮殿西門内の夜のカメラです。

ロアン宮殿西門内の夜のカメラです。

ロアン宮殿中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*