大鐘楼

マーカーは大鐘楼です。

大鐘楼(Grosse cloche de Bordeaux)
[中央に鐘が下がっている城門で、北面と南面にはそれぞれ異なる時代につくられた大時計が付いている。北側の時計は15世紀、南は18世紀に制作されており、見比べて見るのも興味深い。  (「月の港 ボルドー | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

[ボルドーの大きな鐘は、旧市庁舎の鐘楼です。 グロッシュ・クローシュ(Grosse Cloche)として知られる門と塔は、1886年7月12日の法令により歴史的建造物として分類されています。
この都市が中世から保存している珍しい市民記念碑の1つ(カイハウ門(Porte Cailhau)付き)です。 2016年7月4日から22日に復元されました。
15世紀に、13世紀の城壁(12世紀のサンテロイ教会(Église Saint-Éloi de Bordeaux)に付属)の古いサンテロイの門(Porte Saint-Éloy)の遺跡に建てられ、 その下を、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼者が通過しました。
高さ40メートルの2つの円形の塔で構成され、中央の建物で接続されて、都市の紋章(Lion (héraldique))が表示されます。もともとは、12世紀に他の2つの塔が追加されていて、1階建てになった4つの丸い塔のセットでした。後者の2つは、当時の城壁沿いの堀であった現在のヴィクトル・ユゴー広場(Cours Victor Hugo)の中央にありました。
15世紀と17世紀の間に行われたすべての連続した修正は、15世紀から市庁舎の鐘楼が追加され、城門の様相を一変させました。
市の治安判事は鐘を鳴らして、収穫の合図を出し、火災の際に住民に警告しました。
これが、常に都市のシンボルであり、今日でも都市の紋章に表示されている理由です。
ボルドー人はこの鐘に非常に執着していました。ボルドーはイングランドの支配である程度の自治を享受し支持していたため、1548年から1675年にかけてフランス王国の支配に対して反逆しました。1548年、フランス王国における塩税(ガベル)に反対する、ボルドー人による反乱(ジャック・デ・ピトー(Jacquerie des Pitauds))では、フランス王アンリ2世(在位:1547年 – 1559年)はボルドーを包囲し、弾圧を開始します。その結果、ボルドーは 武装解除され、特権を失い、罰金を払い、都市の議会が中断され、1,401人が死刑判決を受けました。 その後、指導者が絞首刑にされるキャンペーンで弾圧が行われます。
この時、ボルドー人は大鐘楼の鐘と都市の紋章を取り去らなければなりませんでした。
1549年6月にガベルはこれらの州でようやく廃止され、州は再調整された国となり、王は一般的な恩赦を行い、鐘は1561年にボルドー人に戻りました。
1755年の火事の後、胸壁と鐘楼がコショウ入れのような形で覆われた塔を冠しています。
鐘のあるベイを閉じる錬鉄製の門(18世紀)の中央にある盾形が都市の紋章を表し、北面には15世紀の顔をゆがめたガーゴイルはそのまま残り、下の黒い大理石に日付1592年と刻まれた刻印が残っています。
現在の鐘は、1775年6月に鋳物業者トゥルモー(Turmeau)によって設置されました(塔の下の飾り板を参照)。高さと直径が2メートルで、重量は7,800 kgです。1991年7月から歴史的建造物として分類されています。
1945年5月8日の第二次世界大戦の勝利を記念して鳴りました。1961年4月10日にドゴール将軍が市を訪れた際に、その重量とベルの振動を引き起こす可能性のあるひび割れのリスクのために、わずか数回鳴りました。
復元された後、2016年6月まで、毎年5回鳴りました。 1月1日(新年)、5月8日(1945年5月8日の勝利)、7月14日(国民の祝日)、8月28日(1944年のボルドーの解放)および11月11日(1918年の休戦)午前11時の鐘。
それ以来、毎月第一日曜日にも鳴ります。
風見鶏で表現された英国のヒョウは、ボルドーが首都であったイングランド領ギュイエンヌの紋章を思い起こさせます。
数学者で天文学者のポール・ラルロック(Paul Larroque)の計画に従って1759年に建てられた時計は、レイモンド・シュドレ(Raymond Sudre)によって実行された1567年の時計に取って代わりました。時計の上は日時計です。
塔は夏の午後1時から7時まで訪れることができます。
大鐘楼・wikipedia-photo、2013年の門・wikipedia-photo、2013年のサンテロイゲートの大きな鐘・wikipedia-photo、ヴィクトルユゴー広場からの外観・wikipedia-photo、ビッグベル南側の詳細・wikipedia-photo、時計の詳細北側・wikipedia-photo、2014年の大鐘楼・wikipedia-photo、2014年の大鐘楼・wikipedia-photo、ボルドーの市章・wikipedia-photo]

The Big Bell of Bordeaux – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が大鐘楼です。

カメラ南南東方向が大鐘楼です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*