エミリア・ロマーニャ博物館コンプレックス(元サン・マッティア教会)

マーカーはエミリア・ロマーニャ博物館コンプレックス(元サン・マッティア教会)です。

サン・マッティア教会(Chiesa di San Mattia)
[サン・マッティア教会は、イタリアボローニャのSant’Isaia 14にある教会です。
サン・ルカ大聖堂(マドンナ・ディ・サン・ルカ教会)の守護者サンタ・マリア・デル・モンテ・デッラ・ガーディア(「護衛の山(Monte della Guardia)」)の修道女たちの発祥であるサン・マッティアの修道女たちの要請で建てられました。1357年まで、彼らはサラゴッツァ門のすぐ外側にある修道院に住んでいましたが、ボローニャとヴィスコンティ家の衝突で破壊されました。
数年の移転の後、彼らはサンタ・イザヤ(Sant’Isaia)教会を経由して新しい修道院を設立し、自分の家や他の買収品を再利用しました。
新しい修道院の一部として、建築家ピエトロ・フィオリーニ(Pietro Fiorini)は1575年から1588年にかけて、建築家アントニオ・モランディ(Antonio Morandi)によるIl Terribiliaと呼ばれるプロジェクトに従って、現在のサン・マッティア教会を建設しました。
聖イザヤ通りにある新しい宗教施設は、聖ルカの聖母マリアの像が毎年恒例の行列の間に2日間留まったという事実により、この都市で大きな威信を享受しました。
18世紀には、サン・マッティア教会が修復されました。特に、より壮麗になった装飾的な装置により、建築構造にわずかな変更が加えられました。
ナポレオン戦争の後、修道院は1799年に抑圧され、個人に販売されました。 1930年代から現在まで、ボローニャ市は学校として使用していました。
教会は、70年代の終わりまで、かつての修道院の一部とともに市町村によってエミリア・ロマーニャ(Polo museale dell’Emilia Romagna)の建築遺産の監督下に譲渡されるまで倉庫として使用されていました。エミリア・ロマーニャは1981年に始まった修復を指示し、文化的なイベントの場所として管理しました。2015年以来、エミリア・ロマーニャ博物館コンプレックスによって管理されています。
展示会や会議のためにのみ公開されています。
パリエミリアロマーニャ歴史研究所(Istituto storico Parri Emilia-Romagna)とボローニャレジスタンス博物館(Museo della Resistenza di Bologna)は、かつての修道院の敷地内にあります。
サンマッティア教会・wikipedia-photo、現在の旧修道院の回廊・wikipedia-photo]

San Mattia, Bologna – Google Map 画像リンク」「Museo della Resistenza di Bologna – Google Map 画像リンク」「Istituto Storico Parri Emilia Romagna – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がエミリア・ロマーニャ博物館コンプレックス(元サン・マッティア教会)です。