エンツォ王宮

マーカーはエンツォ王宮です。

エンツォ王宮(Palazzo Re Enzo)
[エンツォ宮殿は、13世紀にさかのぼるボローニャの歴史的な宮殿です。
1200年、ボローニャ市は多数の建物を収用した今日のマッジョーレ広場を作成し、特に公共行事に使用される最初の複合施設、ポデスタ宮殿、ノヴム宮殿(Palatium Novum)、カピターノ・デル・ポポロ宮殿(行政長の住居・Palazzo del Capitano del popolo)を建設しました。
ノヴム宮殿(Palatium Novum)は、1200年に建設されたポデスタ宮殿の延長として1244年から1246年の間に建てられました。カピターノ・デル・ポポロ宮殿(Palazzo del Capitano del popolo)と一緒に建設され、ノヴム宮殿(新宮殿・Palatium Novum)と呼ばれましたが、その歴史的出来事は常にサルデーニャエンツォ王の姿に結び付けられています。
建設からわずか3年後、ノヴム宮殿は、シュヴァーベンの神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(在位:1220年 – 1250年)の息子であるサルデーニャのエンツォ王の強制居住地となりました。捕虜後、エンツォ王はアンゾラ・デッレ・ミリア城(castello di Anzola dell’Emilia)で数日間拘留され、後にボローニャに移され、そこで1249年8月から彼の死(1272年3月14日)まで23年間幽閉されました。
1階には、皇帝に対する抵抗の象徴である戦車「カロッチョ>(Carroccio)」や戦闘器具が保管され、司祭と礼拝堂の事務所がありました。
1386年、アントニオ・ディ・ヴィンチェンツォ(Antonio di Vincenzo)は石造の三百人ホール(Sala del Trecento)を作り、後に市の公記録保管所として使用しました。最上階は、ジョバンニ・ジャコモ・ドッティ(Giovanni Giacomo Dotti)によって1771年に大幅に改修されました。
1905年、アルフォンソ・ルッビアーニ(Alfonso Rubbiani)は、元の胸壁(merlature)、1階のアーケード、15世紀の階段を再構築し、3つのトリフォラ(Trifora)を再び開け、当時の新中世の流行に左右された多くのファンタジーが追加され、建物のゴシック・リヴァイヴァル建築の外観を復元しました。建物の右側には、幽閉のエンツォ王が訪れたサンタ・マリア・デイ・カルチェラーティ(Santa Maria dei Carcerati)礼拝堂へのアクセス階段が残っています。1910年から、リッツォーリ通り(Via Rizzoli)の拡幅に伴いリッツォーリ通りとエンツォ王宮との間の、カンポグランデ(Campogrande)の家をはじめ何世紀にもわたって使用されてきた多数の建物が取り壊されました。
2003年に保守的な修復が行われた、エンツォ宮殿の外部ファサードは、リッツォーリ通りとネットゥーノ広場に面しています。
エンツォ王の伝説
エンツォ王の捕獲と投獄について歴史伝承著者たちによって広められた多くの伝説があります。
王がボローニャに連れて行かれる前に、アンゾラ・デッレ・ミリア城から逃げられなかったという話があり、その後、父親がボローニャに身代金支払を支払おうとしたが、ボロネーゼは拒否したという話があります。
エンツォ王は投獄中に他の囚人と一日を過ごし、夜は天井から吊るされたケージに隔離されて見守られていたという伝説。
市は、エンツォが女性の訪問を受けることを許可し、エンツォは遺言で3人の娘について言及したとされています。死後の伝説は、彼の農民ルシア・ディ・ヴィアダゴラ(Lucia di Viadagola)への愛から生まれた4番目の子供を起因としています。この子にはエンツォが愛する人に言っていた”Amore mio, ben ti voglio”という言葉からベンティヴォーリオ(Bentivoglio)という名前が付けられたという伝説。ベンティヴォーリオはボローニャの伝説的な一族の創始者となった。
また、ワインの輸送に使用されていた樽に隠れて逃げようとしたが、王様の長いブロンドの髪を見た老婦人のおかげで失敗したことも伝えています。
23年の投獄の後、エンツォは亡くなり、彼が望んでいたようサン・ドミニコ教会に埋葬されました。
エンツォ王の宮殿・wikipedia-photo、ルッビアーニの修復前および隣接するカンポグランデの家が取り壊される前の1900年のはがきのエンツォ王の宮殿の画像・wikipedia-photo、エンツォ王の宮殿正面北側・wikipedia-photo、エンツォ宮殿とネットゥーノ広場・wikipedia-photo、エンツォ王宮殿の中庭・wikipedia-photo]

Category:Palazzo di re Enzo (Bologna)

エンツォ王宮 – Google Map 画像リンク」「Torre dell’Arengo – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がエンツォ王宮です。

エンツォ王宮のストリートビューです。

エンツォ王宮中庭のストリートビューで、中庭右端にサンタ・マリア・デイ・カルチェラーティ(Santa Maria dei Carcerati)礼拝堂があります。

エンツォ王宮二階バルコニーから中庭を見下ろすストリートビューです。中庭左端に礼拝堂があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*