グラッシ宮殿

マーカーはグラッシ宮殿です。

グラッシ宮殿(Palazzo Grassi)
[パラッツォグラッシは、イタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャのマルサラ通り(Via Marsala)14番街にある13世紀のゴシック様式の宮殿です。 2015年の宮殿には、民間将校のクラブである陸軍士官クラブがあります。
宮殿はかつてカノニチ(Canonici)家に属していましたが、1466年にグラッシ(Grassi)家に買収され、1848年までその子孫と共に残りました。1478年、家族は、神聖ローマ皇帝フレデリック3世(1452年 – 1493年)によって、神聖ローマ帝国のパラティーニ伯爵の称号を授与されました。 1865年、宮殿は軍隊に買収されました。20世紀に最新の改装が行われ、1935年にチルコロ・クラブ(Circolo club)の本拠地となりました。宮殿には、ファサードの一部に木製の柱廊柱が残っています。ポータルの入り口は尖っています。 中庭の内部には、プロッツィア・デ・ロッシ(Properzia de Rossi)の陰刻彫の作品と、聖母子を描いた16世紀のテラコッタがあります。宮殿の礼拝堂には、ジュゼッペ・マリア・マッツァ(Giuseppe Maria Mazza)によるスタッコ装飾があり、フレスコ画の装飾(1704)はエルコレ・グラツィアーニ(Ercole Graziani)によるものです。]

グラッシ館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がグラッシ宮殿です。