メロンチェッロの門

マーカーはメロンチェッロの門です。

メロンチェッロの門(Arco del Meloncello)
[メロンチェッロの門(Arco del Meloncello)は、ボローニャにある18世紀のロココ建築の建造物であり、道路上に歩行者用の柱廊を形成しています(したがってアーチです)。 これは、ボローニャ大聖堂(サン・ピエトロ聖堂)からボローニャのサンルカの丘の中腹にあるマドンナ・ディ・サン・ルカ教会と続く長いアーケードであるサンルカ門の一部です。ボローニャの旧市街の城壁の外側、サラゴッツァ門の西方向にあります。
アーチは、2つの道路が直角に交差する場所の問題を解決し、巡礼者の通行が途切れることなくサラゴッツァ通りの道路上を進むことを可能にしました。建築家はカルロ・フランチェスコ・ドッティ(Carlo Francesco Dotti)であり、1714年の競技会で委員会に勝ち、1721年から1732年にかけてフランチェスコ・ガリ・ビビエナ(Francesco Galli Bibiena)の助けを借りてシーンアレンジメントの配置を作成しました。20世紀初頭、ティト・アッツォリーノ(Tito Azzolino)が監修したプロジェクトで、アーチが数メートル上昇し、その下を列車が通過できるようになりました。
メロンチェッロの門・wikipedia-photo]

[バロック様式聖ルカ大聖堂Basilica di S.Luca:「グアルディアの丘」の頂上にあり、聖ルカ自身が描いたとされる「聖母子像」を始め貴重な絵画を所蔵しています。大聖堂からサラゴッツァ門までは3.6kmに及ぶポルティコで結ばれています。 バス 20番: スパーダ屋敷の停留所でおりて コセプリのミニバスに乗り換える。  (「芸術文化、ビジネス、ショッピングの都 ボローニャ Bologna citta …」より)]

Arco Del Meloncello – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がメロンチェッロの門です。

カメラ東南東方向がメロンチェッロの門で、カメラ南方向にマドンナ・ディ・サン・ルカ教会までのポルチコが設置されています。

メロンチェッロの門上・ポルティコからのカメラです。

カメラ東方向が大聖堂と結ばれるポルティコです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*