サン・フランチェスコ教会

マーカーはサン・フランチェスコ教会です。

サン・フランチェスコ教会(Basilica di San Francesco)
[サン・フランチェスコ教会は、13世紀のコンベンツァル聖フランシスコ修道会 (Ordine dei frati minori conventuali)が所有するアッシジのフランチェスコ(1182年 – 1226年)に捧げられたボローニャの教会です。1935年11月、教皇ピウス11世(在位:1922年-1939年)はそれを小聖堂の尊厳にまで高めました。
聖フランシスコは1222年にボローニャに到着し、彼の説教はフランシスコ会に決定的な関心をもたらしました。しかし、フランシスコ会は、ベルナルド・ディ・キンタヴァレ(Bernardo di Quintavalle)の仕事を通して、1213年に、ボローニャで最初のフランシスコ会入植地になる、サンタ・マリア・デッレ・プリオーレ(Santa Maria delle Pugliole)のささやかな家をニコロ・ペポリ(Nicolò Pepol)から既に入手していました。ここで修道士キンタヴァレは1236年まで残りました。その年、教皇グレゴリウス9世(在位:1227年 – 1241年)の関心と市民権力の譲歩により、創設以来記念碑的な性格をもつ大きな複合体の建設を開始する可能性に至りました。
最初のプロジェクトを実施した建築家の名前はわかりませんが、バルトロメオ・デッレ・プグリオーレ(Bartolomeo delle Pugliole)の記録から、1254年に2つのアーチが崩壊し、修道士アンドレア”マエストロ・デッラ・ギエキシア”(Andrea “maestro della ghiexia”)が建設に関与し、足を骨折したことがわかります。これは、修道士アンドレアが元のプロジェクトの作成者の一人であったことを示唆しています。フランシスコ会修道士のマルコ・ダ・ブレシア(Marco da Brescia)のボローニャでの存在は、彼がプロジェクトの作成者でもあることを示唆する可能性がありますが、それは文書による証拠によって裏付けられていません。代わりに、作品全体をフランシスコ会共同体全体が集合的に実施した可能性があります。この作業を考案し実施した際立った個性はありませんでした。1263年に、建物の本質的な部分が完成しました。
1397年から1402年にかけて、アントニオ・ディ・ヴィンチェンツォ(Antonio di Vincenzo)が設計した新しい大きな鐘楼が建てられました。アントニオ・ディ・ヴィンチェンツォは、ムザレリ(Muzzarelli)家の最初のプライベートチャペルも建てました。その後、周囲に沿って他の高貴な礼拝堂が建てられましたが、それらはすべて、15世紀のセント・バーナーディーノ(san Bernardino)礼拝堂は除き19世紀後半の修復で除去されました。
ナポレオンの侵略(1796)後、教会は分離され、関税は引き下げられ、芸術的遺産の分散に苦しみ、強い構造的劣化を経験しました。
1886年から1906年にかけて、アルフォンソ・ルッビアーニ(Alfonso Rubbiani)は、教会を元の外観に復元しましたが、いくつかの重い再建を伴う修復を監督しました。
第二次世界大戦の爆撃は、サン・フランチェスコ教会にさらなる損傷と崩壊を引き起こしましたが、後に監督官庁の修復によって復元されました。
外部
純粋にロマネスクな形と外観ですが、イタリアの建造物の中で、ボローニャのサン・フランチェスコ教会は、フランスゴシック様式の特徴がはっきりと反映されており、特に後陣外部のフライング・バットレスではっきりと認識できます。
後陣の近くで特に興味深いのは、ボローニャ学校法学者アクルシウス(Accursius)と息子フランシスクス・アクルシウス(Francesco d’Accursio)、法学者オドフレド(Odofredo)とロランディーノ・デイ・ロマンツィ(Rolandino dei Romanzi)の3つの墓です。(Tombe dei Glossatori della Scuola bolognese)
内部
内部には八角形の柱で区切られた3つの身廊があり、非常に高い(バシリカの高さと比較して)ヴォールトエサパルタイト(つまり、パリのノートルダム寺院のように6つの帆に分かれています)。聖歌隊席外側には、後陣歩廊があり、放射状に9つのの礼拝堂があります。
高祭壇にはサン・フランチェスコの壮大な大理石の祭壇画があり、これはヤコベロ・ダル・マセグネ(Jacobello dalle Masegne)とピエルパオロ・ダル・マセグネ(Pierpaolo dalle Masegne)兄弟に依頼されましたが、ピエルパオロのみによって制作されました(1388-1392)。
同名の広場にあるサンフランチェスコ教会のファサード・wikipedia-photo、後陣の全体図・wikipedia-photo、ボローニャ学校法学者アクルシウス(Accursius)と息子フランシスクス・アクルシウス(Francesco d’Accursio)の墓・wikipedia-photo、法学者ロランディーノ・デイ・ロマンツィ(Rolandino dei Romanzi)の墓(1284)・wikipedia-photo、法学者オドフレド(Odofredo)の墓(1265)・wikipedia-photo、中央身廊・wikipedia-photo、高祭壇の大理石の祭壇画・wikipedia-photo、後陣歩廊のチャペルの1つ・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サン・フランチェスコ教会の画像またはその他のファイルが含まれています。]

[サン・フランチェスコ教会の広場には毎週火曜日、花市が立つ。  (「また地震 : Spensierata! Chizkoblog」より)]

サン・フランチェスコ聖堂 – Google Map 画像リンク」「Convento San Francesco Frati Minori Conventuali – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサン・フランチェスコ教会です。

サン・フランチェスコ教会身廊のカメラです。

サン・フランチェスコ教会祭壇前のカメラです。

祭壇画前のカメラです。

後陣のカメラです。

フリーマーケット開催中の中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*