ベンティヴォーリオ宮殿

マーカーはベンティヴォーリオ宮殿です。

ベンティヴォーリオ宮殿(Palazzo Bentivoglio)
[元のベンティヴォーリオ宮殿はボローニャの宮殿で、1507年に暴徒によって破壊されました。同じ名前の2番目の宮殿が近くに建てられ、現在も残っています。
ベンティヴォーリオの高貴なボロネーゼ家の宮殿は、1460年からサン・ドナート通り(現在のザンボニ通り・Via Zamboni)にありました。その宮殿はサンテ・ベンティヴォーリオ(Sante Bentivoglio)の命により建てられ、その後ジョヴァンニ2世(Giovanni II Bentivoglio)によって完成されました。同時代の年代記編者と学者は、しばしば熱狂的な記述に基づいて、偉大な家の外観を再構築しようとしました。1階にあるのはベンティヴォーリオ(Bentivoglio)の家の男性の居室で、上層階は豊かなフレスコ画のあるジョヴァンニ2世の居室と、ジョヴァンニ2世の妻ジネヴラ・スフォルツァ(Ginevra Sforza)の同じく豪華な居室とその家の他の女性がいました。建物には警備員と兵士も収容され、客室、倉庫、倉庫が含まれていました。建物には合計244室がありました。 その中で、ベンティヴォーリオは輝かしい訪問者と友人を迎え、豪華な夕食とパーティーを行いました。
破壊
建物は1507年の春に市民のジョヴァンニ2世への激怒により破壊されました。それを破壊するという決定は、ボローニャの支配者ジョヴァンニ2世を暴君と見なし、1506年後半に都市から追放するために教皇ユリウス2世(在位:1503年 – 1513年)と協力していたベンティヴォーリオ家に敵対する勢力によってなされました。市の新しい支配者は、ジョヴァンニ2世の帰還を阻止するためには、ジョヴァンニ2世の家を破壊する必要があると確信し、それに応じて上院はベンティヴォーリオの過去の支配の紋章または印を破壊しなければならないと定めました。しかし、サン・ドナート通りの宮殿の破壊は、イタリア美術の歴史にとって大きな損失でした。現在、宮殿が立っていたエリアは、ベンティヴォーリオ宮殿の運命を思い起こさせるグアスト通り(Via del Guasto)に隣接するボローニャ歌劇場によって占められています。1975年に建築家リノフィ・リッピーニ(Rino Filippini)によって作成された小さな公共庭園である現代のジャルディーノ・デル・グアスト(Giardino del Guasto)は、かつて宮殿の庭園が占めていたエリアをカバーしています。
後の開発
さらに少し先のデア・ベル・アルティ通り(Via Delle Belle Arti)には、堂々とした新しいベンティヴォーリオ宮殿があります。1551年に、家族の側枝(非支配)の子孫であるコスタンツォ・ベンティヴォーリオ(Costanzo Bentivoglio)によって建てられました。建築家バルトロメオ・トリアキーニ(Bartolomeo Triachini)は、壮麗で美しい後期宮殿の設計を担当しました。入り口は、ドメニコ・ティバルディ(Domenico Tibaldi)のデザインに基づいた二重のロッジアに囲まれた広々とした中庭に通じています。17世紀前半にジョヴァンニ・バッティスタ・ファルケッティ(Giovanni Battista Falcetti)によって完成されました。新しい宮殿の上の階には、ティバルディ学派による天井画とフリーズのある多くのホールがあります。キバルスクロ様式のアントニオ・ボネッティ(Antonio Bonetti)とウバルド・ガンドルフィ(Ubaldo Gandolfi)の彫刻で描いた大きなギャラリーがあります。ギャラリーは1769年に上院議員のフルヴィオ・ベンティヴォーリオ(Fulvio Bentivoglio)がボローニャのゴンファロニエール(Gonfaloniere)になったときにオープンしました。
1507年に破壊されたボローニャのベンティヴォーリオ宮殿の18世紀の再建画・wikipedia-photo]

Palazzo Bentivoglio – Facciamo un giro in centro?

Bentivoglio Palace – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がベンティヴォーリオ宮殿入口です。

ベンティヴォーリオ宮殿庭園のストリートビューです。