ペポリ・カンポグランデ宮殿(ボローニャ絵画館)

マーカーはペポリ・カンポグランデ宮殿(ボローニャ絵画館)です。

ペポリ・カンポグランデ宮殿(Palazzo Pepoli Campogrande)
[ペポリ・カンポグランデ宮殿(Palazzo Pepoli Campogrande)は、ペポリ・ヌオーヴォ宮殿(Pepoli Nuovo)としても知られ、イタリアエミリア=ロマーニャ州ボローニャ中心部にあるカスティリオーネ通り(Via Castiglione) 7にあるバロック様式の宮殿です。 2015年には、後期バロック芸術のパブリックアートギャラリーとして機能しました。 通りの向こう側には、かつて同じ家族に属していた中世のペポリ・ヴェッキオ宮殿(Palazzo Pepoli Vecchio)は、ペポリ・カンポグランデ宮殿の向こう側にあり、現在はボローニャ歴史博物館となっています。
宮殿は、1600年代半ばに貴族ペポリ(Pepoli)家のオドアルド・ペポリ(Odoardo Pepoli)伯爵によって委託され、フランチェスコ・アルベルトーニ(Francesco Albertoni)とジュゼッペ・アントニオ・トッリ(Giuseppe Antonio Torri)の設計により建てられました。20世紀に、新しい所有者のエドヴィージュ・カンポグランデ(Edvige Campogrande)は、博物館の設立のためにこのフロアを市に寄付しました。
入り口には、フレスコ画の部屋があるピアノ・ノビーレ(主たる応接室と寝室がある)につながる記念碑的な階段があります。 階段の天井には、スタッコで囲まれ、ドメニコ・マリア・カヌティ(Domenico Maria Canuti)によって描かれた2つの楕円形(1665)があり、タペオ・ペポリのボローニャの主(上院議員)への受任と、タデオが教皇の教区牧師として確認されたときを描いています。
天井にはフレスコ画が飾られています:
●サロン・ドノレ(栄誉の殿堂)には、ドメニコ・サンティ(Domenico Santi)による四角形の背景に、ドメニコ・マリア・カヌーティ(Domenico Maria Canuti) が描いた、幻想的な天井画「オリンパスのヘラクレスの神格化」を描いたフレスコ画があります
●サラ・ディ・フェルシナには、ジュゼッペ(Giuseppe)とアントニオ・ロリ(Antonio Rolli)による円形のフェルジーナの寓話(ボローニャ)(1680)があります。
●スタッジョーネの間(季節のホール)には、ジュゼッペ・マリア・クレスピ(Giuseppe Maria Crespi)が描いたヘラクレスの変遷で四季を描いています。
春・wikipedia-photo、夏・wikipedia-photo、秋・wikipedia-photo、冬・wikipedia-photo
●オリンポスの間には、同じくジュゼッペ・マリア・クレスピによるオリンポスの神々で飾られています。
●アレクサンドロスの間には、ドナト・クレティ(Donato Creti)による「ゴルディアスの結び目を断ち切るアレクサンドロス大王」のフレスコ画でした。
これらの部屋の壁には絵画のコレクションが展示されており、その中核はザンベッカリ家によって組み立てられたキャンバスから生まれました。 このコレクションはかつてPalazzo Zambeccariにありました。1788年、絵画はジャコモ・ザンベッカリ(Giacomo Zambeccari)侯爵によって公立博物館に移され、1884年にボローニャの絵画館の一部となりました。時間が経つにつれて、ディスプレイは他の主にバロック作品の選択によって増強されました。このコレクションには、フランドルビザンティンの作品も含まれています。
「ヘラクレスの神格化、カヌティによる天井フレスコ画。」・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズのペポリ・カンポグランデ宮殿(ボローニャ絵画館)に関連するメディア。]

ペポリ・カンポグランデ宮殿(ボローニャ絵画館)ホームページ

Palazzo Pepoli Campogrande – Pinacoteca di Bologna – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がペポリ・カンポグランデ宮殿(ボローニャ絵画館)です。

サロン・ドノレ(栄誉の殿堂)のカメラです。